• TOP
  • News & Topics
  • 博報堂へ転職する前にチェックしたい【5つのポイント】面接難易度や気になる年収情報

News & Topics

2021.04.30

博報堂へ転職する前にチェックしたい【5つのポイント】面接難易度や気になる年収情報


(2021年4月30日更新)

2021年 博報堂正社員がオープンしました。2020年は凍結、それ以前は契約社員オファーが多かったものが、150名以上の中途採用が決定しました。ウィンスリーは数多くの実績とノウハウがありますのでお気軽にお問い合わせください。

DX・デジタル人材専門エージェントウィンスリーに キャリア相談する(無料) ※デジタル分野で3年以上のご経験をされている方のみとさせていただいております

2021年博報堂正社員 求人は こちら

広告業界で転職を検討する場合、博報堂を候補とする方も多いのではないでしょうか。

博報堂に転職する3つのおすすめポイントをチェックして、転職活動を成功させましょう。

博報堂とはどのような会社?

大手広告代理店の中でもトップレベルに知名度のある博報堂ですが、転職情報に入る前に改めてどんな会社なのかご紹介します。

博報堂の会社概要

1895年創業と古い歴史を持つ博報堂。国内の総合広告代理店としてトップクラスの業績を誇り、現在第2位のポジションにあります。

優秀な人材が揃いクリエイティブも非常に強く、企業からの信用も高い会社です。

博報堂は広告やテレビCMなどが主流である印象がありますが、近年はデジタル広告を伸ばすための体制/ソリューションリソースに注力しています。

博報堂メディアパートナーズはデジタルアドバタイジング、アイレップと業務・資本提携し、市場マーケットにおいてもサイバーエージェントなどのインターネット専業広告会社と互角に渡り合えるスピード感、質の高さに追いついてきました。

また博報堂は膨大な生活者データを持つ強みを活かし、「生活者データドリブンマーケティング」にてマーケティング革新に取り組んでいます

ウィンスリーではコンサルタントが全員デジタル業界出身のため、専門用語、知識、業界動向に熟知しています。博報堂においても必要なスキルから、転職時期の良いタイミングについても的確にお伝えできますので、ぜひお気軽にご相談ください。

博報堂の事業内容

博報堂の事業は、総合広告代理店という肩書き通りプロモーションに関わる幅広い領域で展開されています。
具体的には、下記の通りです。

1.新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、インターネット、アウトドアメディア、その他の広告、
セールスプロモーションおよびパブリックリレーションズの取扱い
2.屋外広告物、展示、案内装飾等の設計管理、施工
3.広告、広報等を目的とする建設工事の設計管理、施工
4.広告に関する調査(市場調査、市場分析、広告調査)
5.図書および定期刊行物の出版と販売
6.イベントおよび興行の企画、構成、実施
7.音声、映像のソフトウエアの企画、制作、製造、販売、賃貸
8.その他前各号に附帯する一切の業務

参照元:https://www.hakuhodody-media.co.jp/expertise/enterprise.html

博報堂の企業風土

現在の博報堂は、企業風土のイノベーションの最中にあります。

特に、若い世代への期待を持ち、チャンスが多く与えられている傾向に有ります。

いわゆる大企業らしい上層部主体のトップダウンな風潮を変えて若手実力主義のようなイノベーションです。

また、若手の育成を担う上層部の人たちはパーソナリティにおいても優秀な方が多く、人間としても成長できるような恵まれた教育環境にあります。

博報堂の働き方や口コミ

ここからは、実際に博報堂で実施されている働き方や現役社員からの口コミをご紹介します。

アットホームな会社で満足度の高い働き方を実現

“博報堂では、「新しい働き方」を実現するため、独自のルールで社員のプライベートや心身の健康を守るための取り組みが行われています。

月に少なくとも1日は年次有給休暇を取得する「プラ休」や、平日10時以降や土日の連絡や返信を控える「サイレント10」などユニークな取り組みに積極的です。

オフィスは明るく、居心地の良いカフェ&デリや自由に集えるオープンスペースもあり、周囲とのコミュニケーションがとりやすいアットホームな雰囲気を醸し出しています。

教育、人、福利厚生、環境も申し分ない、社員の満足度も高い企業であるといえるでしょう。

博報堂社員の口コミ

博報堂で実際に働く社員の口コミを一部ご紹介します。

数年前までは、大企業ならではのお堅い雰囲気を感じることが多かったですが、最近では、リモートワークやフレックスタイム制度の導入をはじめとして働き方が多様化したことや、若手育成への熱量も高まっていることから、自由な風潮に変わったなと感じています。

それに伴って、社内の人間関係も良くなり、チームでの動きも活発になっています。

大企業らしく、働きがいだけでなく福利厚生も非常に充実しています。

給与に関しても、明確な年俸制が導入されていて、毎年の評価面談では、それまでの仕事の成果も正当に評価してもらっている実感も得られています。

博報堂のおすすめポイントTOP3

博報堂に入社すると、どのような魅力があるのでしょうか。

ここからは博報堂で働くおすすめのポイントを3つご紹介します。

業界トップクラスの高収入!30歳で1000万超えも

博報堂は、広告代理店の中ではもちろんのこと、デジタル業界の中でも非常に高収入の傾向にあります。

年収は30歳のプロパー社員で700や800万円ほどですが、1000万を超えることも夢ではありません。

大企業であり業績が安定しているのも大きなポイントです。

博報堂は、収入の高さと安定性を求める方なら誰もが憧れる企業といえるでしょう。

博報堂は、取引先として有名企業やナショナルクライアントも多いです。

CM撮影の立ち会いなど、芸能界や小さな頃に憧れたような華やかな世界にかかわることができます。

手掛けた仕事が世間の話題に上ったり、テレビや街中で成果を目にすることでも、大きなやりがいと自信を得ることができるでしょう。

活気と刺激に満ちるクリエイティブな仕事環境でチャレンジとやりがいを

今日はデスクワーク、明日は社外で撮影の立ち会い…というように、日々変化に富んだ働き方ができます。

コツコツとルーティーンワークをこなすよりも、マルチタスクや環境を変えることでモチベーションをコントロールしやすいという方に向いています。

自ら考え行動を起こすことでも新しいチャレンジができるような、“自分次第”という環境でもあります。

DX・デジタル人材専門エージェントウィンスリーに キャリア相談する(無料) ※デジタル分野で3年以上のご経験をされている方のみとさせていただいております

博報堂の年収や勤務環境

博報堂で働く人の年収や、リアルな勤務環境について見ていきましょう。

 ■博報堂の平均年収は?

前述のように、博報堂では全職業、企業の中でも年収が高めです。

新卒1年目で年俸342万円(博報堂採用ページ参照)から始まり、30代になると年収層700万から1000万ほどです。

成果や在籍年数に伴って、着実に年収は増えます。

 ■時間や場所に囚われない自由な勤務環境

昨今の社会情勢の変化や、働き方の多様化によって、博報堂でもリモートワークが主流になっています。

それ以外にも、ワーケーションに近い働き方を選ぶ方や、夜型で働く方もいるなど、時間と環境を自分でコントロールしながら仕事をしていくことが可能です。

■キャリアアップに適した労働環境

博報堂では、優秀な先輩社員がメンターとしてついてくれるため、どんどんスキルを吸収し学んでいくことができます。

上の方との面談などキャリアアップについても相談しやすい場を設けてくれます。

広告業界の情報は豊富にあることはもちろん、多様な部署や粒違いの人材からもさまざまな情報を得ながら、“会社をうまく利用する”という意識を持つことも成長に繋がります。

博報堂の面接対策で押さえておきたい5点

ここからは、博報堂で行われている採用面接に関する情報や対策を5つご紹介します。

博報堂の採用面接は3,4回

博報堂の採用面接は、基本的に3~4回行われます。

1回目:現場マネージャー/人事

2回目:部長クラス

3・4回目:局長クラス/役員

※現在はオンライン面接が行われています。

高難度の面接で準備すべきは「現状の整理と深堀り」

博報堂の面接を受ける準備として、自分自身についての整理を明確に行う必要があります。

まずは、今の自分に何ができて、そしてどこに向かって進みたいのかという現状の整理です。

そして、3年後の自分はこのビジネスでどうなっていたいのかという将来像を、明確な動機とともに整理をしておきましょう。

「willやcan」だけでなく、その理由となる「why」を深く掘り下げていなければ、博報堂の面接を乗り切ることはできません。

博報堂の面接ではスタンスと切り口が大切!

博報堂では「世の中の問題課題を解決したい」という上昇志向が高い方や、先読み力から想像力を強めてビジネスに繋げるような「嗅覚」の鋭い方を求めています。スキルも大切ですが、それ以上に評価されるのはスタンス(やる気)です。

そいて、やる気に満ちている様を表現するために、各設問に対してポジティブな言葉で表現できるような整理をしておくと良いでしょう。

博報堂の採用面接の雰囲気は和やかで気さく

博報堂の面接は、フラットに真摯に傾聴してくれる気さくな雰囲気である場合が多いです。

通過率の低さや質問の難易度とは対照的に、肩の力を抜きながら話せるよう緊張も和らげてくれます。

博報堂の採用面接では無駄なく本質を丁寧に!

和やかな雰囲気で行われる博報堂の面接ですが見るべきところはしっかりと見られています。

面接官からの質問には本質を理解して、余計な話をすることなく答えましょう。

面接官への質問は「この場で、この面接官に」聞く内容であることを抑えた上で行うことが大切です。

また博報堂は自由な社風ではありますが広告代理店ですので、面接での服装は清潔感のあるスーツが望ましいでしょう。

博報堂の募集職種

博報堂で実際に募集されている職種についていくつかご紹介します。

博報堂に入社するチャンスです。

気になる職種があれば、まずは気軽に応募してみるのも良いでしょう。

(2021年4月30日更新)

21年博報堂中途採用がオープンしました。150名以上の大型採用です。広告領域から、デジタルプロモーション、DXソリューションへの大きなシフトへの覚悟が伺われる求人です。博報堂 中途採用(正社員)はこちら

博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、DACの3社横断戦略組織 
マーケティングDXとメディアDXを一体で推進する 「HAKUHODO DX_UNITED」を発足

博報堂へ転職するならエージェントを活用!

今回は、博報堂への転職を検討されている方向けに、さまざまな情報を紹介してきました。

しかし、どれだけ調べても実際に採用活動をして博報堂に入社できなければ意味は有りません。

とはいっても、博報堂への入社は簡単ではありません。高度な採用試験をはじめ、多くの壁が存在します。

少しでも転職活動を有利に進めるためにおすすめしたいのは、転職エージェントの活用です。

1個人として企業の公募情報をたどって採用を目指すよりも、エージェントを活用しての転職の方が、エージェントと企業の関係性がすでにできていることもあり、採用率は格段に高いのです。

また、エージェントのみが知り得る企業の実態や、社員の声を参考に転職活動をできるなど、多くのメリットがあります。

デジタル分野への転職ならウィンスリー!

当社ウィンスリーはデジタル分野に完全特化したエージェントとして転職支援を行っており、業界での実務経験のあるコンサルタントだからできる「論理的な転職サポート」を行っております。

個人では収集困難な情報をもとにしたアドバイス、面接への対策等も無料で行っておりますので、博報堂に転職ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

DX・デジタル人材専門エージェントウィンスリーに キャリア相談する(無料) ※デジタル分野で3年以上のご経験をされている方のみとさせていただいております

ウィンスリーでは博報堂に関するお悩みも解決中!

ウィンスリーでは、実際に博報堂を転職先としてお考えの候補者の皆さんのお悩みを解決しています。

実際にあった事例と回答を、サイトにて公開しております。