コンサルタント紹介

黒瀬 雄一郎

社会構造が大きく変わるデジタル時代だからこそ、
人の心を動かし、行動力のある人材を流動化したい。

黒瀬 雄一郎

YUICHIRO KUROSE

株式会社ウィンスリー
代表取締役

得意な領域

CxO

黒瀬 雄一郎 プロフィール

黒瀬 雄一郎YUICHIRO KUROSE

2000年慶応義塾大学経済学部卒業。NTTに入社し、その後USENにて動画コンテンツ事業「GyaO」と、楽天とのジョイントベンチャー「ShowTime」の事業を立ち上げ。2003年に電通グループのネット専業企業に移り、セールス&マーケ部門の統括を行う。同部門の採用責任者として100名程度のメンバーを採用する。2012年デジタル分野専門人材会社 ウィンスリーを創業し現在に至る。

自己紹介

私は、自身が辿ってきた様々なキャリアの中で、人が人の心を動かす(購入を決意させる)、セールスとマーケティングという仕事が、自分が一番強みを発揮できる場であることを知りました。ただ単純に「数字の売上」を上げ続けることをゴールとするのであれば、論理的、機械的、情緒的に築いたメソッドで、どこまでも数字を積み上げられる自信が生意気にもありました。
けれど「なんでも売れる」 気がするからこそ、そこに「心がついていく仕事」を渇望するようになったのです。これが、人材ビジネスという領域に踏み込んだ理由でもあり、人を通して様々な事業に携わりたいと感じる源となっています。
理想とするのは、「真面目にまっすぐ頑張ってきた人間が報われる世であって欲しい」ということ。それには人生の大きなウェイトを占める「仕事」への関わり方が非常に重要です。人を大切にする素晴らしい企業との出会いを微力ながらご支援させていただきます。

メッセージ

御存知の通り「広告・宣伝・PR」のイメージの強い日本の従来のマーケティングモデルは、DXの大波に乗り、大きな変革を遂げています。単に接触デバイスがデジタル化するだけのフェーズは既に終焉し、優れたデジタル技術によって社会構造そのものが大きく変わろうとしています。
企業もその流れを受け、デジタルシフトへのニーズが急速化していますが、デジタル人材の不足により、優秀なデジタル人材の取り合いが熾烈を極めています。しかし、表向きは「デジタルシフト」を標榜している企業でも、トップからのコミットが弱く、プロジェクトが頓挫するケースも多々あります。
どういった企業に自分のスキル経験を生かせるのか?入り口はそんな素朴な疑問からでも結構です。DX時代のキャリア形成に関心が高い方、是非ご相談ください。

プライベートな話

サッカー歴25年。試合観戦に海外へ遠征することもしばしば。自慢は、現東京ヴェルディが経営困難に陥った際にユニフォーム・スポンサーをタイムリーにつけることができたこと。 週イチでサーフィンとサッカーをやっています。特技は、どこでも寝ることができる!?ですw

関連リンク