デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

三谷 岳

一人ひとりの経歴を、
客観視点で “勝てるレジュメ” に昇華する

三谷 岳(キャリアコンサルタント(国家資格)// 元電通デジタル系 メディア部長)

大学卒業後、食品会社の企画営業を経て出版社の広告営業を担当。大手メディアレップ企業で事業責任者となる。その後、電通系ネット広告会社へ移り、部長を歴任。特にROI系クライアント/SEM領域を専門とした。ワールドカフェのファシリテーター。グロービス経営大学院修士課程修了(MBA)。キャリアコンサルタント(国家資格)保持。

迷ったり悩んでいる状態でこそ相談を
やるべきことに純粋に向かえる状態をサポート

 日々多忙な人ほど、自分の強みは何か?など意識する暇もないものです。「自分のセールスポイントがわからない」 。そんな時点から相談してください。どんな人にも素質がありますが、自分自身を理解することが後回しになっています。それなのに、転職活動を機に突然それをプレゼンしたりレジュメに落とすのは難しいはずです。私はそれを、客観的に見て「勝てるようなもの」に仕上げていくパートナーとして存在したいと思っています。いざ仕事となったらきちんと成果を出せるのに、自分をプレゼンテーションすることで引っかかってしまったら勿体ないことです。ただでさえ孤独を感じやすい転職という道のりを、ときに先達として、ときに友人のようにしながら共に歩いていきたいと考えております。

私がそうした視点に立つようになったのは、歩んできた自身のキャリア開拓の特性にあると考えています。組織とは、企業とは、個人の思惑や希望を無にするケースが多々あるものです。私自身もそうした「組織の都合」 に振り回された経験があり、その中で身に就いたのは 「仕事を遂行する」 だけでなく、「仕事を生みだす力」 でした。職場には最初から思い通りにできる状況などあるはずがなく、地道に一つひとつ結果を出していくことで、やっと自分がやりたかったことを提案できる権利が生まれるものです。

仕事と人、そろってこそ組織

勝負に出る時が至れば共にタッグを組もう

 時勢からネット業界に照準を定めたのは結果正解となり、順調に成果を上げました。私が望んだことはネット広告の一連の流れを自分の管轄で完了してみたいということで、ワンストップで手掛けられる部署を育成しました。しかし、その後も、組織の論理に翻弄され、また、当時は業界再編とも重なり大手企業によって手塩にかけた事業部がつぶされそうになりました。今から思えば私にとってこのとき、自分でも未知であった能力を開花させる契機となったのです。その事業部を業務、従業員も何一つ欠くことなく存続(結果としては移管)させることができました。表に裏に、交渉に交渉を重ね、文字通り奔走した末に獲得した、「会社都合」 の逆転劇です。

その後も、自分自身のキャリア構築が一筋縄ではいかないものではありましたが、そのおかげで得た学びがあります。一つは、「動くべき時を見誤らない」、「時が至れば勝負に出る」 ということ。そして、実力があっても組織の論理や政治力のようなパワーゲームに翻弄されてしまうような候補者にも、その能力を開花させられる場所を提供してあげたいということです。

たまたま現在いる会社・組織ではパフォーマンスが出せなかったり、モチベーションが高まらないといったケースは多々あります。転職活動でも、何社も落ちて1社だけ受かった会社がまさに相思相愛だったというケースも沢山見てきています。

私自身の経験も踏まえ、表層的な双方の条件をマッチングさせるのではなく、一人ひとりの能力が真に開花できる企業とのマッチングを追及しています。

得意な領域

・デジタルマーケティング全般
・デジタルキャリア構築支援

メッセージ:

自分の強みや弱みを理解していなくて大丈夫です。まず退職理由を明確にしましょう。

プライベートな過ごし方

・自己研鑽のためにビジネススクールに通っています。MBA取得を目指しています。
・ストレス解消は休日に子どものお稽古ごとの練習を一緒にすること。
・得意料理はパスタ、家事も育児も楽しみながらやっています。

三谷岳インタビュー

Callingood 三谷岳のページヘ (2015年9月 Callingoodヘッドハンターランキング1位)

●デジキャリコラム

<虎の巻!デジタルマーケティング業界で働くために押さえるべき基本の「き」>

vol.1 今更聞けない!デジタルマーケティング業界の全容をさらっとおさらいしておく
vol.2 事業会社、広告会社等で活躍するために
vol.3 自分の望むキャリアを拓くために

案件・キャリアのご相談はこちら

Copyright 2017 デジタルマーケティング分野の転職・研修なら「ウインスリー」