コラム一覧

ちょっと待った!!売れっ子デジタルマーケ人材に来る大量スカウトメールの落とし穴!きちんと見極めないと転職に大きな不利になってしまう明らかな理由。

デジタルマーケティング人材の求人倍率は10倍!スカウトメールも月200通以上!もはやスパムメール??? 超売り手市場と言われるなか、エージェント各社は採用を活発に行っています。人材紹介サービス「DODA」によると、2018年5月の転職求人倍率は2.40倍と発表されています。ことデジタルマーケティング分野に絞ると、優秀な人であれば、転職求人倍率は10倍にものぼります。(ウィンスリー調べ)

オファーレター30万の違いが100万の違いになる??働き方改善が浸透中のデジタルマーケティング業界。気になる年収と残業の話

今回は転職理由のトップ5に必ず入ってくる【年収】【残業】について、実際の事例を元にお話できればと思います。 結婚・出産・育児などが視野に入ってきたり、体力的に厳しくなってきたり、残業を減らしたいという方が非常に増えてきています。また一方で年収も上げていきたいと。。 先日ある女性の候補者様の例です。年収が400万円→430万円に少しアップしたケースでしたが、実際には【驚くべき変化】があり、大変喜ばれていました。

①【広告代理店 営業職編】営業スキルだけでは書類も通過しない理由と4つのキャリアの方向性。

旧来型の広告代理店の営業職の転職価値が下がっていると非常に感じています。その理由と日々の営業活動で意識してほしいこと、そして4つのキャリアアップの方向性をまとめました。あの時にアクションを起こしていれば、、とならないために是非30代前半までの広告代理店の営業職の方に読んでいただきたいキャリアップコラムです。4500字と多いですが是非御覧ください。

スタートアップ企業への転職相談が急増。自分は果たしてスタートアップに向いているのか?転職する時の注意点まとめ。

国税庁の調査では、設立して10年続く企業は6.3%と言われる中、スタートアップ企業への転職相談が増えています。 スタートアップ企業で働くとはどういうことなのでしょうか。 残念ながら、大手企業からスタートアップに転職して、1年を経たずして、弊社に転職相談するケースも増えてきています。 その転職相談が増えている理由とスタートアップ転職のメリット・デメリットをまとめてみました。 スタートアップ企業に転職相談する人が増えている理由とは?

キャリアの幅を広げるなら「リスティング広告の運用」から始めるべき理由

広告業界やデジタルマーケティングを志す就活生の相談に乗る事も多いのですが、 「どの職種からスタートするのが良いですか?」と聞かれる事がよくあります。 今回はリスティング広告の運用広告コンサルタントをおすすめする理由をお話していきます。ただし、自動化の波が押し寄せる同職種。ずっとここに居座っていてもキャリアアップは見込めませんのでご注意が必要です^^

断言。Webディレクターは今後最も市場価値が高い職業である

デジタルマーケ専門人材会社ウィンスリーのヘッドハンター三谷のコラム。激務、安月給と言われているWEBディレクター。SPAでは早死にする職業ランキングにも入っている同職種。ただ実際は非常にスキル経験が積まれ、市場価値高い職種の一つと断言できます。ただし、会社の選択肢を間違えなければ、、です。