• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • 第2新卒での、アクセンチュア、デロイト、PwCなどのITコンサルへの転職について

デジタル転職Q&A

2021.03.05

第2新卒での、アクセンチュア、デロイト、PwCなどのITコンサルへの転職について

現在大手メーカーのSIチームのPMの3年目です。

自身の市場価値を知るためにビズリーチに登録していますが、アクセンチュア、PwC、デロイトなど外資系ITコンサル会社ポジションの案内が多数来ています。

3年目でもまだアシスタントレベルのPMなのですが、第2新卒ポテンシャルポジションへの転身のメリット、デメリットを教えていただきたいです。

役職:現場・リーダー
業種:ITコンサル/SI
職種:ITコンサル・エンジニア

先ず、ビッグ4コンサルファームへの転職案内が多数届いているとの事ですが、難易度とレベル感はかなり高いという点はご認識ください。
第2新卒採用ですが、これらの会社全てが第二新卒を募集している訳ではありませんし、求めるレベル感も千差万別です。

ただ、全くの未経験ではないという事ですので、その点は有利に働くとは思います。
アシスタントとは言え、過去3年間一定の経験を積んで来られたと思いますので、先ずはその棚卸をしてください。

メリットは、こういったビッグ4ではエンジニアの方が多数おり、案件も多様でPJメンバーの一員として指名されれば様々な経験を新たに積む機会があり、成長出来る余地が高いという点です。

デメリットは、待遇面は恐らく下がる覚悟が必要な事と、これらの会社では30代半ば以降はメンバーとしてではなく、自ら案件を引っ張ってきてPJリードできる人材である事も求められる傾向があります。
それが出来なければ居場所がなくなるという覚悟が必要です。

回答者
今村英彦(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)