デジタル転職Q&A

2021.10.12

【SIer】NTTデータと野村総研の違いについて

大手SIerに勤務して、8年になります。

今は徐々に裁量をもって比較的自由にやっていますが、30代に入る節目のタイミングに合わせて、キャリアアップも兼ねて新しいステージに挑戦したいと思うようになりました。

前提としてこれまでの経験やスキルは活かしたいので、現職よりも規模の大きな「NTTデータ」や「野村総研」を転職先として検討しています。

しかし、同じSIer系といっても、それぞれ職務や待遇、特徴などは様々かと思います。より自分に合った転職先を見つけ、ネガティブギャップを感じないためにも、今のうちに違いを知りたいと思います。

そこで、NTTデータと野村総研のそれぞれについて、特徴や環境などの違いをお教えいただきたいです。

NTTデータと野村総合研究所の違いについての質問ですね。

まず前提として、野村総研(以下、NRI)はコンサルティング会社で、NTTデータは、システムインテグレーターです。

最近はデジタルテクノロジーを中心としたソリューションで、オーバーラップする領域も多くなっています。
オーバーラップしている領域で違いをご紹介します。

まず共通点としては、下記の2つが挙げられます。

・金融業界に強みがある
・ソリューションの間口が広い

その上で、NTTデータの特徴としては、

・官公庁に強い
・グローバル展開が積極的
・扱っているソリューションや製品も多く、総合力に強み

一方でNRIの特徴は、経営コンサルティング部門があるので、

・顧客のサポートが幅広い
・問題発見から解決までの一気通貫のサービスが可能
・外部リソースの活用

以上を踏まえて、NTTデータに向いている方は下記の3つの適性がある方です。

・行動力があり最後までやりぬく遂行力
・多様性の中で力を発揮できる
・コミュニケーション力とコラボレーション力

NRIに向いている方は、

・問題解決のプロ
・柔軟な発想力
・優れたチームプレイヤー

今回はNTTデータと野村総合研究所の違いについてご紹介しました。
ウィンスリーでは、今回の2社をはじめ皆さんの転職をサポートします。
お気軽にご相談ください。

回答者
加藤昌生(データ・AI分野専門ヘッドハンター)