• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • 外資系ITコンサルからスタートアップのCDOに。ベンチャーの事業推進にならではの悩みから大手企業への転職を検討中。

デジタル転職Q&A

2021.08.03

外資系ITコンサルからスタートアップのCDOに。ベンチャーの事業推進にならではの悩みから大手企業への転職を検討中。

新卒で外資系ITコンサルに入社し、現在はスタートアップのCDOを務めています。

しかし、ベンチャーによくあるように、社員のレベルが低く資金力も乏しいことから、事業が思うような速度で推進せずもどかしさを感じています。

 

転職して1年程度ですが、より優秀なメンバーのいる大手事業会社への転身を考えています。

が年収周りが懸念です。

現在32歳で年収1200万+ストックオプションですがポジションはありますでしょうか?

ベンチャーあるあるのお悩みですね。

入社後に同様の不安を抱えて転職を検討される方は少なくありません。
一方で、ご自身が今の勤務先のどこがミスマッチだったのか、改めて原因を分析してみることも重要です。

事業推進が進まないとのことですが、その事象のどこにストレスがあるのか、そもそもベンチャーの風土や働き方、評価制度にマッチしていなかったのかなどは、検証しておく必要があります。
内容によっては、同じベンチャーでも違う会社であれば、適合できるということもあるでしょう。
一概に大手が良いとも限りませんので、今一度、慎重に検討されることをオススメいたします。

弊社デジタル人材の転職エージェント「ウィンスリー」では、大手中心にデジタルマーケティング・DX周りのポジションの採用支援が活発です。
しかし、年収1000万を超えるとなると大手企業でもかなり案件が限られます。

これまでのご経験を慎重に棚卸ししながらフィットする案件をご提案させていただければと思います。

回答者
藤並克充(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)