• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • エンジニア→WEBディレクターに転身希望だが転職苦戦中。突破する方法は?

デジタル転職Q&A

2020.05.19

エンジニア→WEBディレクターに転身希望だが転職苦戦中。突破する方法は?

氏名:須田 彩(仮名)
年齢:35歳
性別:女性
社会人歴:12年目以上
年収:500万円~699万円
業界:ネット専業広告代理店
職種:エンジニア
会社規模:【国内】ベンチャー(100名以下)
ポジション:現場・リーダー
転職回数:3回以上

現在ネット専業広告代理店にてフロントエンドエンジニアに従事しています。
今後はカスタマージャーニーやUXなどの領域に携わりたく、UXに特化したWEBディレクター職に就きたいと思うように…。
過去にWEBディレクター職の経験もあるのですが、ブランクがあることと小規模会社での経験だったため、UXに強い企業を志望すると会社規模が大きく未経験要素が出てきて苦戦しています。
転職を機に年収もあげられるとベストなのですが、どのように進めるべきでしょうか?

まず、受託側のWebディレクターで、やりたい上流工程およびUXまで行えている企業は実際には少ないのが現状です。会社のWebサイトにはUXに強いなど書かれている会社が殆どですが、実際の現場ではオンサイトのオペレーション系の業務がメインになっていることが多いですし、そういった業務は専門部署でしかやれない会社も沢山あります。

直近のご経験とやりたい事にギャップがある点や、年齢も加味するとなかなか苦戦しているご状況かと思われます。
外部要因として、新型コロナの関係で即戦力採用へシフトしていることも影響していると考えられます。

まずは現職で行っている経験スキルを活かせるポジションで検討してみることをおすすめします。併せて転職候補の会社内で現在希望する業務が存在するかを確認しておきましょう。
その際、転職エージェントは企業内の内情にも精通しているケースがあるので、うまく活用することをおすすめします。

カスタマージャーニーやUXについてはスクールに行って学ぶなど独学しておき、転職先の会社内で異動のチャンスをうかがうのが理想への近道だと思われます。

未経験可の会社の多くは中小企業が多く、UXのケイパビリティがなかったり、年収が上がりづらかったりすることがあるので注意が必要です。

回答者
三谷岳(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)