• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • 電通デジタルのデジタルマーケティングコンサルタント(AI部門)について

デジタル転職Q&A

2022.12.27

電通デジタルのデジタルマーケティングコンサルタント(AI部門)について

広告業界での営業経験を生かし、予算規模的にも社会的インパクトとしても今より大きなプロジェクトに携わりたいと思っています。
そうなるとやはり、電通デジタルが第一候補となるのですが、特に大型案件に携われそうなAI部門のデジタルマーケティングコンサルタントについて、必要な要件や働く魅力などについて知りたいです。

電通デジタルのデジタルマーケティングコンサルタント(AI部門)についてですね。

電通デジタルはデジタル領域における広告業界のトップランナーですが、同社のAI(アカウントイノベーション)部門は各事業部門の資産をフル活用し、既存大型アカウントのさらなる拡大と新規大型アカウントの獲得をリードする部門です。

領域単位ではなく、電通デジタル全体の視点でクライアントと対峙し、打ち手ニュートラルなソリューションを提供することで、クライアント・電通デジタル双方のサイロ化防止を目指しています。
電通デジタルのアカウントイノベーション部門について

デジタルマーケティングコンサルタントはAI部門に属し、デジタル領域の予算規模が大きい、または伸びしろが見込めるクライアントに対するコンサルティング・プロジェクトマネジメント業務を担うポジションです。
クライアントのビジネス課題を解決するためのマーケティング施策を立案し、さまざまなマーケティングテクノロジーの導入~運用まで一気通貫した支援や成果向上のためのアプローチを実行します。

求められる経験としては、広告会社や事業会社、SIer、ITコンサル等におけるデジタルマーケティング基盤構築、移行案件のPMまたはPMOの経験などが想定されます。CDP構築/MAソリューションのプリセールス・導入・運用支援や、マーケティングコミュニケーション戦略設計の経験などがあればより歓迎されるでしょう。

主な出身業界・職種としては、やはり近接領域の総合広告代理店の営業職やプランナー職などが多いようです。

電通デジタルのAI部門およびデジタルマーケティングコンサルタントの魅力としては、同社の豊富なクライアントリソースの中でも特に、大規模かつ拡張性の高いクライアントに向き合えることが挙げられます。大型顧客対応を全社の先頭に立ってリードし、課題に応じて電通グループの持つ幅広いソリューションを提案・実行できる点は、今後さらなるキャリアアップを図るうえでも非常にプラスの経験になるはずです。

大型プロジェクトをリードし、成功に導くうえでの問題解決能力や論理的思考力、コミュニケーション能力やリーダーシップなどに加え、よりスキルアップを図りたい・成長したいというマインドセットも求められるでしょう。

自分のスキル・経験で面接が受けられるかどうか不安…という方には、デジタル転職診断がおすすめです。詳細・お申込みはこちらよりご確認ください。
※ウィンスリー独自の診断となり、本選考には影響ございません

■関連求人(2022年12月時点の募集)
電通デジタル|【AI】デジタルマーケティングコンサルタント
※求人掲載が終了している場合がありますのでご了承ください

回答者
山崎明日花(キャリアコンサルタント(国家資格))