• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • 電通デジタルのデジタルマーケティングコンサルタント(BX部門)について

デジタル転職Q&A

2022.12.23

電通デジタルのデジタルマーケティングコンサルタント(BX部門)について

デジタルマーケティング領域にチャレンジしたいのですが、やはり業界トップクラスの電通デジタルを第一候補として考えています。
電通デジタルのBX部門にデジタルマーケティングコンサルタント職があるようですが、ポジションの概要や必須経験等を教えていただけますでしょうか。

電通デジタルのデジタルマーケティングコンサルタント(BX部門)についてですね。

電通デジタルのBX(ビジネストランスフォーメーション)部門では、「既存事業の深化」と「新規事業の創造」を柱とした事業モデル変革を目指しており、顧客基点×ビジネス×ITの視点から、一貫した顧客体験を部門横断で提供するための指標づくりや顧客接点開発などに取り組んでいます。
https://www.dentsudigital.co.jp/services/transformation/bx

デジタルマーケティングコンサルタントはそのBX部門に属し、クライアントのマーケティング戦略において、デジタルトランスフォーメーション(DX)、ビジネストランスフォーメーション(BX)推進をPMOとして支援するポジションです。既存事業のDX、BX推進だけでなく、新規事業・サービス構想の支援にも取り組みます。

ストラテジックプランニング、マーケティング戦略策定、マーケティングを支えるITなどに関するコンサルティングスキル・経験や、統計解析をはじめ、データを扱いながら事業/サービスの成長に関わった経験などが必須要件です。

出身業界・職種としては、広告代理店/デジタルエージェンシー/事業会社におけるマーケターなどが想定されます。特に、広告代理店のストプラ出身者は歓迎されるでしょう。

ストプラ出身者からは、「ほぼすべてがデジタルに関わる案件であり、日々進歩/変化する先進領域にチャレンジできる」「広告会社はコミュニケーション領域に閉じられるが、新サービスの開発や組織変革の提案等、幅広い領域に関われる」といった声も聞かれます。

マーケティングやITなど多様な得意領域を持ち、出身業界もさまざまなメンバーとともに、自身の志向に沿ったプロジェクトにコミットできる点が魅力です。

多様な意見や立場のステークホルダーと協力しながら最適解を生み出すための柔軟性や忍耐力、リーダーシップはもちろん、クライアント視点でアウトプットを生み出すための提案力や構想力も資質として求められます。

自分のスキル・経験で面接が受けられるかどうか不安…という方には、デジタル転職診断がおすすめです。詳細・お申込みはこちらよりご確認ください。
※ウィンスリー独自の診断となり、本選考には影響ございません

■関連求人(2022年12月時点の募集)
電通デジタル|【BX】デジタルマーケティングコンサルタント(DX領域/ハイグレード)
※求人掲載が終了している場合がありますのでご了承ください

回答者
篠田英明(キャリアコンサルタント(国家資格))