• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • 資生堂、資生堂ジャパン、資生堂インタラクティブビューティの違いを教えて欲しいです。

デジタル転職Q&A

2022.06.10

資生堂、資生堂ジャパン、資生堂インタラクティブビューティの違いを教えて欲しいです。

外資系広告代理店のプランナーとして10年従事しています。
転職エージェントより、資生堂、資生堂ジャパン、資生堂インタラクティブビューティーの3社のポジションを勧められました。

3社の違いと、難易度を教えて頂けますでしょうか?
英語はTOEICは750点程度ありますが、上司が外国籍の方ですとコミュニケーションは厳しいです。

資生堂は日本で生まれた老舗ブランドですが、化粧品の国内シェア第1位、世界シェアでは第5位となっていて、世界の約120カ国・地域で事業展開をしており海外売上比率は5割を超えるという、いまや完全なるグローバル企業となっています。

株式会社 資生堂は、そのグローバル企業としてのヘッドクォーター(本社・本部)となります。
資生堂ジャパン株式会社は、資生堂グループの日本ブランチという位置づけになります。
資生堂インタラクティブビューティー株式会社は、資生堂グループのデジタル領域の未来戦略を加速させるために資生堂とアクセンチュアとで2021年7月に設立した戦略的合弁会社となります。

転職活動に際する難易度につきましてですが、資生堂グループは相対的にハードルの高い企業に分類されますが、シッカリとしたご経験・スキルをお持ちであり、それらがそのポジションに対するニーズにマッチしていれば可能性は高いと思います。
あとは、冷静に物事を捉えて分析してアウトプットできる様なロジカルさや、コミュニケーション力が伝えられれば良いかと思います。

株式会社 資生堂では英語力を求められるポジションや役割が多いですが、資生堂ジャパン株式会社や資生堂インタラクティブビューティー株式会社は日本語のみでもOKなポジションがほとんどとなっています。

弊社では資生堂グループと長い間お取り引きをさせていただいておりますので、詳細につきましてはご相談ください。

回答者
瀧島一郎(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)