デジタル転職Q&A

2022.01.14

パーソルキャリアのサービスデザイン職について

Webサイトを制作する会社にて、Webディレクターを経験した後、UXリサーチやUXデザインを行っています。
ただWebサイトリニューアル時にだけ入ることが多く、その後どうなったのかに関われなかったり、サービス作りまでには現職では入り込めず、モヤモヤしています。
そこで事業会社側のサービスデザインの職種に興味を持ち、パーソルキャリアのサービスデザイン職を見つけ、興味を持ちました。

こちらのポジションの特徴や、自分の経験にマッチしているかどうかなどを詳しくお教えいただきたいです。

パーソルキャリアのサービスデザイナーに関する質問ですね。

まず、パーソルキャリアのサービスデザイナーの概要は下記になります。

・会社の中で新規事業だけを専門に行うチームに配属
・プロダクトオーナー、エンジニアと三位一体となって新規事業開発に携われる
・クライアントワークではないので、当事者としてPoC後まで関われる

その上で、他社の類似ポジションにないパーソルキャリアのサービスデザイナーならではの特色としては

・社内外の勉強会が盛んで、周辺領域を含めて成長できる環境が整っている
・デザインを重要視する文化がある
・自身のアイデアで新規事業を立ち上げる事も制度として可能

以上を踏まえて、パーソルキャリアのサービスデザイナーに適しているのは、

・事業会社側、受託会社側を問わず、UXデザインやサービスデザインと呼ばれる業務に関わってきた人
・プロジェクト管理やWebディレクションのスキルを持っている
・HCD(人間中心設計)の資格を持っている、もしくは取得を予定している


ウィンスリーでは、今回ご紹介したパーソルキャリアのサービスデザイナーをはじめ、さまざまな求人をご紹介し、転職をお考えの皆様のサポートをしています。

お気軽にご相談ください。

回答者
三谷岳(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)