デジタル転職Q&A

2021.12.17

ADKホールディングスのBIコンサルタントについて

ITコンサルタントとして、コンサルファームに在籍しています。
クライアントの開発周りのテコ入れやデータベースの整備を中心に注力してきましたが、この度心機一転、転職を検討しています。

最近はBIツールに関連するコンサルティングを得意としていたので、転職先としてはADKホールディングスのBIコンサルタントが気になっています。
特徴やADKホールディングスならではの適性などをお教えいただけますと幸いです。

ADKホールディングスのBIコンサルタントについての質問ですね。

BIツールをはじめDXに関しては市場やクライアントからのニーズが増えてきていることから、ADKホールディングスも全社的にデータドリブンなデジタル領域へのシフトを積極的に加速させています。

BIコンサルタントは、BIツールを用いたダッシュボード実装支援サービスに伴ったコンサルティング業務を行う役割です。

企画・提案・課題の抽出・顧客サポートから、DWHの構築・要件定義・データハンドリング~データ分析・ダッシュボードデザインなどのダッシュボード実装まで、幅広い範囲での活躍が求められます。

質問者さんがコンサルティングファームでこれまで携わってこられたご経験に近しいかと思いますが、ベースのドメインが広告領域という事から、広告やプロモーションやマーケティングなどコミュニケーション領域の案件も多いので、これまでの経験・スキルを活かしつつキャリアの領域の拡張ができる環境であると言えます。

弊社からADKホールディングス各社に転職入社いただいている方が多くいらっしゃいますし、採用部署の方々とも懇意にさせていただいておりますので、詳しい情報をご案内しながら具体的なディスカッションが可能ですので、いつでも遠慮なくお声がけください。

※なお、2019年1月に持株会社体制へと移行したため、BIコンサルタントは株式会社ADKマーケティング・ソリューションズの所属となります。

回答者
瀧島一郎(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)