デジタル転職Q&A

2021.10.21

アクセンチュアのITコンサルタントについて

中規模のコンサルファームでいわゆるITコンサルタントとして勤務しています。

DXやデジタル化が隆盛しつつある昨今、ITコンサルタントのニーズも高まって、環境次第では、待遇なども向上するとともに、更なるキャリアップなども見込めるのでないかと思い、転職を検討しています。

今のところ気になっているのは、アクセンチュアです。
そこで、アクセンチュアのITコンサルタントに関して、特徴や適性、外資系ならではの違いなどがあればお教えいただきたいです。

アクセンチュアは、下記の4つのカテゴリーでサービスとソリューションを提供しています。

・ストラテジー&コンサルティング
・インタラクティブ
・テクノロジー
・オペレーションズ

ご存知の通りアクセンチュアは、世界最大級のコンサルティングファームであり、Fortune誌の「世界で最も賞賛される企業2021(World’s Most Admired Companies)」に19年連続で選出されるなど、規模だけではなく突出したバリューも創出されています。

クライアントの経営課題の様々な部分に対してソリューションを行っていますが、ベースとなっているビジネスドメインはITコンサルなのでIT領域に強みを持っている環境です。

転職活動の際にアクセンチュアを志望される方は、戦略立案から開発~実行~保守・運用まで一貫したソリューションに関われるというポイントを重視するケースが多いです。

特に、開発や導入を中心に行っているSIerや中堅規模ITコンサルにいらっしゃる方で、日々の業務を通じて「PDCAを回しながら最適化していく」部分も含めてソリューションしていきたいという意向をお持ちの方に多い傾向だと感じています。

また、アクセンチュアは社員個人のキャリアパスを尊重する自由なセンスを持っています。

自分で手を挙げれば新しいチャレンジの機会を得る事ができますし、他社という外の環境で新たな経験を積んでいく選択をした場合もポジティブに送り出してくれます。

出戻りについても温かく受け入れるという器量もあります。

あらゆる業界の大手企業の経営課題に向き合い、AIやブロックチェーンなど最先端技術を始めとした数々のサービスやアセットを駆使しながら優秀な仲間達と共にクライアントの企業活動の最適化に長く寄り添う事ができます。

個々のキャリア発展にも理解のあるカルチャーですので、ITコンサルとして未来のキャリアのアドバンテージを確保していきたいと思う方には良い環境です。

回答者
瀧島一郎(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)