デジタル転職Q&A

2021.11.25

博報堂のストラテジックプランナーの特徴と転職について

ベンチャー企業でWebサイトや動画コンテンツの企画と運営の責任者を行っています。
新しいことに挑戦しやすく、充実した日々を送っていますが、給与面はあまり良いとは言えず、今後の人生を考えるとある程度大きな会社への転職もしてみたいと思うようになりました。

いくつかの企業の人材募集を見てみたところ、博報堂のストラテジックプランナーが気になりました。
今のところ漠然とした興味がある状態で、求められるスキルや職務内容は定性的であるが故に、恐らくマッチするだろうと思うものの確信は得られていません。

そこで博報堂のストラテジックプランナーについて、特徴やエントリーすべき人のスキルセットなどを詳しく伺いたいです。

また、英語や中国語を習得していることも推奨されるようですが、現状、そのような語学のスキルはありません。
それでも良いのかどうかも伺えればと思います。

博報堂のストラテジックプランナーに関する質問ですね。

博報堂のストラテジックプランナーはさまざまな担当クライアントの戦略(経営/事業/マーケティング/ブランド/コミュニケーション)の企画立案や実践。

また、これらの業務に関する、各種消費者調査やデータ分析などの業務に携わるポジションです。

コンサルや事業会社サイドでも上流を経験している方にはオススメです。

現職ではwebサービスの企画・運営責任者とのことで、市場調査からサービス企画〜実行推進としてご活躍しておられるものと想像しております。

また、現職でもおそらくwebアクセスログデータなどのアクチュアルデータを活用したマーケティング分析・プランニング経験・PDCA経験もお持ちの方であれば、募集要件にもマッチしておりオススメです。

日本を代表するようなナショナルクライアントのサービスを経験できるのは、転職市場で自身のキャリアの価値を高められる特徴の一つかと思います。

また語学は不問ですが、グローバルに展開する企業をクライアントとする可能性もあることから、語学もあるとなお良しです。

回答者
藤並克充(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)