デジタル転職Q&A

2022.11.03

博報堂のデジタルストラテジストについて

博報堂グループが注力しているDX領域に関心があります。

特にデジタル戦略に関わりたいと思っており、DXソリューションデザイン局のデジタルストラテジストに興味を持っています。
具体的にどのような業務を行うのか、また求められる経験やスキル、人物像等について教えていただきたいです。

博報堂のデジタルストラテジストに関するご質問ですね。
ご承知の通り、博報堂は博報堂DYメディアパートナーズおよびDACとともに、マーケティング DX とメディア DX を一体で推進する「HAKUHODO DX_UNITED」を2021年に設立し、価値創造型DXを加速させています。
博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、DACの3社横断戦略組織 マーケティングDXとメディアDXを一体で推進する 「HAKUHODO DX_UNITED」を発足

HAKUHODO DX_UNITEDは11の局で構成されており、その中のDXソリューションデザイン局に配属される職種の1つがデジタルストラテジストです。

デジタルストラテジストは、マーケティングDXにおけるデジタル戦略立案に携わるポジションです。

特にデータ/デジタルを活用した顧客体験設計、プランニング、プラットフォーマーとの協業が注力領域であり、データサイエンスをマーケティングに組み込んだ統合マーケティング業務をリードします。これはいわば、広告代理店における新領域開発を担うマーケティングと言えるでしょう。

転職に際しては、対クライアント業務を想定した多業種に対するマーケティング業務経験や、データ/デジタル/テクノロジーに関する知見が求められます。

現在勤務する企業・職種としては、総合/専業広告代理店のストプラ職やプラットフォーマー、AI/テックベンチャーのデータサイエンティスト等が想定されます。

クライアント提案に加え自社の自社のマーケティングサービス開発も含め、社内外を問わず新たなマーケティング業務に従事します。その中でエンジニアやクリエイター、メディアプラナー等多様なメンバーと組織を超えた連携を図り業務を進めていくため、建設的なコミュニケーション能力や柔軟性・協調性といった資質が必要です。

次世代の博報堂グループを形作る先端的な取組をリードできる点や、データサイエンスやマーケティング、ビジネスディベロップメントをはじめとする多様な領域での経験を得られる点が大きな魅力でしょう。

■関連求人(2022年11月時点の募集)
株式会社博報堂|デジタルストラテジスト
※求人掲載が終了している場合がありますのでご了承ください

また、弊社では博報堂への合格可能性を診断できる無料サービスがございます。
弊社コンサルタントがあなたの職務経歴書を拝見し、合格可能性をA~Dで判定しレポートをお送りします。ぜひご活用ください。
詳細・お申込みはこちら
※ウィンスリー独自の診断となり、本選考には影響ございません
※新卒は承っておらず、中途(転職希望)の方を対象にしたサービスとなります

回答者
宮崎洋(シニアコンサルタント)