デジタル転職Q&A

2021.09.06

博報堂の広告営業職にマッチしている人材とは?

中規模の事業会社で自社媒体の広告営業担当として勤務して10年。

更なるキャリアアップを実現するために、博報堂などの広告代理店への転職を検討しています。

しかし、自分が博報堂の広告営業職として適しているのか不安をもっています。

そこで、博報堂のデジタル広告営業職の特徴や適性についてお教えいただきたいです。

博報堂の広告営業職の適性についての質問ですね。

博報堂の広告営業職の特徴は、大きく分けて3つです。

1つ目は、「自発的な思考・行動ができる」ことです。
博報堂には、非常に優秀で先回りができる方が多いです。
その自発性をもって、クライアントさまが抱える課題に対して真摯に向き合い、ベストなソリューションを提供をしています。

2つ目は、「周囲を適切に巻き込める」ことです。
実際にクライアントにサービスを提供する際は、社内外の協力が必要不可欠です。
営業担当者として、周囲を適切に巻き込んで推進する力も求められます。
これを実現するために、博報堂は営業内での風通しがよく、協働に適した環境が整っています。

3つ目は、「数字意識が強い」ことです。
営業職ということは、数字への意識は欠かせません。
博報堂では、会社からトップダウンではなく、営業マン自身が短期・中期・長期の3つの視点を持って売上の上げ方を考え推進しています。

この特徴を受けて、博報堂の広告営業職として向いている方は、

・物事をロジカルかつ構造的に考えられる方
・事象をシンプルに集約でき伝えられる方
・ご自身を客観視できている方
・未来をどのように描くか考えがある方

上記の素質をもって、企業と社会に対してどのような影響を与えられるかを、追究し真剣に取り組みたい方にはおすすめです。

回答者
特命ヘッドハンターA(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)