デジタル転職Q&A

2022.12.28

電通デジタルのストラテジックプランナーについて

代理店にてデジタル広告運用やプランニングに関わっているものの、より視野を広げつつデジタル領域の大型案件に挑戦したいと思っています。そうなると、やはり業界トップの電通デジタルが第一候補として挙がります。
特に大型案件に携われそうなAI部門のストラテジックプランナーについて、求める要件や経験、魅力などを教えていただけますでしょうか。

電通デジタルのストラテジックプランナーについてですね。

電通デジタルはデジタル広告業界における最大手であり、多くの大型クライアントを抱えています。AI(アカウントイノベーション)部門はその中でも特に、電通デジタルとして最優先で向き合うべき大型クライアントに向き合い、全社の先頭に立って対応する部門です。

全社的な視点から既存大型アカウントの拡大と新規大型アカウントの獲得をリードし、最前線で大型クライアントに寄り添い新たな仕事のシーズを創出していく役割を担っているため、いわば同社における精鋭部隊と言えるでしょう。

また、打ち手ニュートラルなソリューションを提供している点も特徴であり、クライアント・電通デジタル双方のサイロ化防止を目指しています。
電通デジタルのアカウントイノベーション部門について

ストラテジックプランナーはAI部門において、デジタル領域の予算規模が大きい、または伸びしろが見込めるクライアントに対して、事業成長に向けた統合マーケティングをプランニング・ディレクションするポジションです。
デジタル広告を含むマーコム領域を主眼に、国内外を代表するナショナルクライアントと向き合い、多岐にわたるプロジェクトを推進し社内メンバーをリードします。

デジタルマーケティング/コミュニケーション全体の施策設計における基礎リテラシーとその経験や、広告業など受託業務でのプロデュース・プランニングなどの実務経験が必須要件です。デジタルマーケティング業務に従事されてきた経験があればより高評価でしょう。

出身業界・職種としては、総合広告代理店におけるストプラ職などが想定されます。

電通デジタルのAI部門およびストラテジックプランナーの魅力としては、大型顧客に対し先頭に立って向き合えることに加え、デジタル広告を含むマーコム領域のほか、CRM、CDP・MA導入やDX支援など幅広い領域に挑戦できる点が挙げられます。

また、業界最先端のケイパビリティに囲まれ、クリエイティブ・データ・テクノロジーなど各領域の専門人材と協働できるなど、専門性向上やハイレベルなキャリアアップが可能な非常に恵まれた環境だと言えます。

大型クライアントと向き合うためのフロントコミュニケーション能力や、デジタル広告ビジネスへの興味関心があることはもちろんですが、今以上にスキルを向上させたい、成長したいという向上心を持ち、業務領域を積極的に広げていくことをいとわないマインドセットが何よりも重要でしょう。

自分のスキル・経験で面接が受けられるかどうか不安…という方には、デジタル転職診断がおすすめです。詳細・お申込みはこちらよりご確認ください。
※ウィンスリー独自の診断となり、本選考には影響ございません

■関連求人(2022年12月時点の募集)
電通デジタル|【AI】ストラテジックプランナー
※求人掲載が終了している場合がありますのでご了承ください

回答者
小山田充(シニアコンサルタント)