デジタル転職Q&A

2020.10.28

No.075 新型コロナの影響で経営悪化。現職在籍1年未満だが転職可能?

氏名:豊田 健太(仮名)
年齢:32歳
性別:男性
社会人歴:4年目~7年目
年収:500万円~699万円
業界:戦略・マーケコンサル
職種:営業/コンサル/プロデューサー
会社規模:【国内】ベンチャー(100名以下)
ポジション:現場・リーダー
転職回数:2回

現在は小規模マーケティングコンサルティングファームに在籍。
データ分析領域に特化したコンサルティング業務のため、SQLやデータ分析、マーケ領域での戦略コンサルがメインスキルです。

今回新型コロナの影響により経営状況が一気に悪化、リストラが始まっている状況のため転職を検討したいのですが、現職での経験年数が1年未満になってしまいます。
経験したクライアントの業界が現在コロナの影響を受けているので、他社でも案件が減っていて、経験を活かせないのではないか?という懸念もあります。
また、浪人と留年(留学のため)に加えて、大学院(修士)も出ているため、社会人経験が同年齢に比べて少ないのがネックに感じていますが大丈夫でしょうか…?

どんな理由であっても直近1年以内での転職や、30代前半で3社経験している方は書類選考で落とすという会社も中にはあります。
ただし、数としては多くはありませんし、過去は変えられませんので、落ちたら仕方ないと思って、気にせず進めて参りましょう。

何よりも、マーケティング領域×データ分析×SQLができる人材のニーズは非常に高いです。
事業会社側ですと1名募集かつ厳選採用のためにハードルは高いですが、支援会社側では採用人数も多く、業界大手企業でも十分に可能性があると言えます。

業界経験があるに越したことはありませんが、必須とはなっていません。
それよりもデータ分析での実績、その再現性などが問われますので、プロジェクト毎に概要をまとめておき、面接で簡潔に説明できるように準備しておく事をオススメします。

回答者
三谷岳(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)