• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • 消費財リサーチ業務を10年経験。もっと仕事の幅を広げる転職がしたい場合の選択肢は?

デジタル転職Q&A

2020.05.15

消費財リサーチ業務を10年経験。もっと仕事の幅を広げる転職がしたい場合の選択肢は?

名前:石川 夏美(仮名)
年齢:33歳
性別:女性
社会人歴:8年目~11年目
年収:500万円~699万円
業界:事業会社(メディア・WEBサービス)
職種:マーケティング/プランナー/ディレクター
会社規模:【国内】一般
ポジション:現場・リーダー
転職回数:1回

5年間在籍した1社目では食品などの消費財メーカーの市場調査業務を担当、

2社目の現在は化粧品通販会社のメディアクリエイティブ部にて、化粧品、トイレタリー商品、食品などの消費財メーカーの市場調査業務を担当しています。

最適な調査手法、分析方法などを組み合わせたリサーチプランを企画から提案、実施まで行っています。

 

10年近く同じ商材を扱ってきているので、正直なところ少し飽きがきてしまい…。

また、今後も同じ商材、同じ業務内容を続けていくことにもやや不安があり、いずれ転職をと考えるようになりました。

今までのスキルを応用して、何かを企画してまとめ上げていくといった事業企画のような仕事にも興味があります。

 

今までのような有形商材に限らず無形商材でも良いので、現在よりも多様な商材を扱い、仕事の選択肢も広げていくにはどういったキャリアの選択肢があるのでしょうか。

石川さんのように、長期にわたって同様の商材や業務内容が続くことによって不安を感じ、転職を検討されるケースは少なくありません。

今までと違う無形商材でも構わない、多様な商材を扱いたい、という点をふまえると、ベンチャー企業や単一商品を扱う事業会社ではなく、楽天などの多種多様な商材・サービスを扱っている大手企業がいいのではないかと思います。

まずは、化粧品などの経験部分を活かしたポジションで入社し、一定期間はそこでの業務で実績を出すことに集中しましょう。そののちに社内公募や異動などに自ら手を挙げて、求める環境や希望する業務ができる部署に身を移す形が現実的かと思います。

回答者
今村英彦(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)