デジタル転職Q&A

2022.11.28

アクセンチュア・オペレーションズのプロデューサー職について

アクセンチュアのBPOやDXの取り組みに関心があります。
特にDX案件の提案や実行支援に携わりたいと思っており、アクセンチュア・オペレーションズのプロデューサー職に興味を持っています。
具体的にどのような業務を行うのか、また求められる経験やスキル、人物像等について教えていただきたいです。

アクセンチュア・オペレーションズのプロデューサーに関するご質問ですね。

アクセンチュア・オペレーションズでは、業務をクライアントから預かり執行する意味でのBPOを超え、デジタルの力を活用しテクノロジーや業務プロセス、人材などを継続的に変革するインテリジェント・オペレーションを推進することで、クライアントのDXを支援しています。
https://www.accenture.com/jp-ja/about/operations-index

プロデューサー職は、そのアクセンチュア・オペレーションズ内の1ブランドであるIMJに属するポジションです。DX系の大型プロジェクトにおいて、ビジネス課題を解決するための提案活動やプロジェクトを遂行し、全体もしくは特定領域のリードまたは補佐の役割を担います。
クライアントに一番近いポジションであり、ビジネス課題の可視化・解決を図り、クライアントのデジタル課題に合わせてソリューションを提案します。

業務の分析や改善が必要な場合にはコンサルティングワークを行うほか、多様な人材のアサインや収支設計も行うため、転職に際してはソリューション提案、コンサルティング、プロジェクトマネジメントのいずれかにおける5年以上の経験が必要です。
高い英語力や複数の大型クライアントを含む組織運営経験があるとなお歓迎されるでしょう。

現在勤務する企業・担当業務としては、コンサルティングファーム出身者に加え、デジタルを横断した提案から実行支援まで行ってきた大手広告代理店出身者などが想定されます。

多様なクライアントのビジネス課題を理解し、プロジェクトをリードするポジションであるため、論理的思考力や協調性、先頭に立つリーダーシップなどが資質として求められるでしょう。

■関連求人(2022年11月時点の募集)
アクセンチュア|プロデューサー - オペレーションズ コンサルティング本部
※求人掲載が終了している場合がありますのでご了承ください

回答者
藤並克充(シニアコンサルタント)