デジタル転職Q&A

2020.07.22

結婚・出産後も女性が活躍できる企業の見極め方は?

氏名:内藤 千尋(仮名)
年齢:30歳
性別:女性
社会人歴:8年目年~11年目
年収:500万円~699万円
業界:【業界】事業会社(メディア・WEBサービス)
職種:マーケティング/プランナー/ディレクター
会社規模:【国内】一般
ポジション:現場・リーダー
転職回数:2回

現在メガベンチャー企業にて広告運用コンサルタントに従事しています。デジタルマーケティングの企画・実施・運用などにも携わっています。

今後特定の領域に限らず幅広い領域において、デジタルマーケターとしてキャリアアップしたいため転職を検討しています。

30歳となり結婚・出産を考えると、出産後も活躍できる会社を希望しますが、どのように選べば良いかアドバイスお願いします。

まず気を付けたいのは、女性活躍の支援制度をアピールする会社は多くあるものの、実態の伴わない会社も存在します。
また、各社の採用ページや比較・口コミサイト等にも多くの情報がありますが、どこまで信用して良いものか懸念が残ります。

その際、実態を把握する方法の一つとして転職エージェントから情報を入手する方法があります。
特に業界専業のエージェントであれば、各社との関係性も深く実態を把握しているケースが多くあります。

全社員に占める女性の割合や出産後の復帰率、時短勤務制度や産休・育休制度の取得率、女性が活き活きと活躍しているか等、より詳細な情報を得ることが可能です。
また過去にエージェントを介して転職した方のエピソードを聞くことで、出産後も活躍する具体的なイメージを持つことができるかもしれません。

また転職エージェントによっては、面接とは別に現場の社員とのカジュアル面談の場を作れる場合もあります。信頼できるエージェントに相談すると良いと思います。

回答者
沼崎弘(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)