デジタル転職Q&A

2020.06.19

EC経験15年以上!現職より裁量権のある企業への転職は可能?

氏名:吉野 大輔(仮名)
年齢:41歳
性別:男性
社会人歴:12年目以上
年収:1,000万円以上
業界:事業会社(メーカー系)
職種:マーケティング/プランナー/ディレクター
会社規模:【外資】一般
ポジション:マネージャーレベル
転職回数:2回

新卒で大手商社に入社後、外資系製薬メーカーの国内EC立ち上げメンバーとして参画。
法整備も含めたEC事業の0→1立ち上げ期から携わり10年以上国内EC企画・運用責任者として事業推進に従事。組織立ち上げも兼ねており、最終的には30名程度のスタッフマネジメントも経験。

EC業務全般では15年以上の経験になることを活かし、現在は国内大手食品メーカーのEC担当に従事しています。
しかし、デジタル領域に明るい経営陣が社内におらず裁量も現場レベルに留まっており、なかなか前職の裁量と比較するとキャリアダウン感が否めず転職を検討するようになりました。

現職は食品メーカーで安定感はあり、このまま現場メンバーとして1からキャリアを構築するのも一つだとは思うものの、希望する裁量権が手に入る役職を目指すにはかなりの年月もかかることから、現職でこのまま在籍していいものか非常に悩ましい状況です。

吉野さんのキャリアは非常にニーズの高い領域です。
EC領域の0→1構築を経験され、システム面にも知見があり、カスタマーサクセスチーム立ち上げやCRM施策にも明るく、数十名のマネジメントまで経験している方はなかなかいらっしゃいません。

D2Cブランドを立ち上げたい、D2Cを推進したい企業ニーズはこれからも増えてくると思います。
裁量権豊富な魅力的な案件は社外秘案件も多いので、ぜひタイムリーに求人情報をキャッチするためにも転職エージェントをうまく活用して転職活動を成功させましょう。

回答者
藤並 克充(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)