• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • 現職に大きな不満はないが、何となく将来が不安。手遅れになる前に転職すべきタイミングの判断軸を知りたいです。

デジタル転職Q&A

2022.06.15

現職に大きな不満はないが、何となく将来が不安。手遅れになる前に転職すべきタイミングの判断軸を知りたいです。

新卒から大手広告代理店に勤務する、29歳のプランナーです。
コロナによって業績はやや落ち込みましたが、安定して働けている職場です。
ただ年功序列要素も多く、仕事も縦割りですので自身の市場価値がどこまで高まるか不安です。

40代の上司が先日転職活動していたようですが、うまくいかなかったようです。
特に大きな不満があるわけでも、やりたいことがあるわけではありませんが、いつ転職すべきかどうかは、どのような判断軸で決めたらいいのでしょうか?
手遅れになる前に動きたいと思っています。

新卒からの在籍となると約7年のご経験となりますね。
安定して働くことができる環境にいられるということは非常に大切なことですが、
同時にご不安もあって、自身の市場価値をどこまで高められるかということが気になっていらっしゃるとのこと。

例えば、5年後、10年後を考えた時に、どのような市場価値を得ていたいと思っていらっしゃるでしょうか。
将来在りたい姿を想像して、そのために必要なこと、やるべきことを考えてみて、
それが、現在の環境で実現できそうかどうか、そこが転職を判断する1つのポイントではないでしょうか。

現在の環境で実現できるのであれば転職する必要はないと思いますし、
もしそうでない場合は新たな環境に踏み出すタイミングなのだと思います。

40代でも明確なキャリアを武器に転職される方は多くいらっしゃいますので、年齢というよりも
それまでにどのようなキャリアを積み上げてきたのかがやはり重要だと考えます。

漫然と過ごして年齢を重ねてしまうと、やはり転職市場においては不利になりがちですので、
今からこの先のキャリア形成を考えることをおすすめします。

大手広告代理店のプランナーとして活躍されている経験は、十分に価値のあるキャリアだと思いますが、もう少し踏み込んで自身を振り返ってみて、

・どのような部分で強みを持っているのか
・新たにどのような専門性を身につけたいのか
・新たな領域のスキルを身につけたいのか

といったことを、ぜひ自己分析してみてください。
加えて、どのようなことにやりがいや喜びを感じているのかということも振り返ってみると、
次に進むべき方向性が見えてくると思います。

一人で考えることが難しい場合は、信頼できるコンサルタントにぜひキャリア相談することをおすすめします。

回答者
山崎明日花(シニアコンサルタント)