News & Topics

2021.03.25

転職エージェントを利用すべき5つの理由

転職エージェントを利用すべき5つの理由
転職先の選び方は、転職サイトで検索して自分で応募する以外にも、様々な方法がありますが、転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

特に、スピード感が早く、専門性が高い「デジタル関連職種」は、業界に特化したエージェントやヘッドハンター次第で大きく採用への合格率が異なってきます。

今回は、転職エージェントを利用すべき理由をご紹介します。

転職エージェントとは?

そもそも転職エージェントとはなんなのかをご紹介します。

転職エージェントとは、エージェント(仲介人)という言葉の意味通り、転職希望者と転職先となり得る企業の間に立つ立場のことです。

企業は転職エージェントに対して欲しい人材に関する要件を提供し、転職希望者に対しては、転職にあたって多くの情報を提供し、場合によっては相談にのってアドバイスをするなどの役割を果たします。

転職エージェントを活用すべき理由

それでは、転職エージェントを活用して転職活動を進めるべき理由について、みていきましょう。

理由1:専門家のサポートを無料で受けられる

まず、転職エージェントの大きな特徴は、ハローワークや人材派遣会社と同じように、転職希望者は無料で利用できることが挙げられます。

転職エージェントが提供するサービスは、
・転職希望のヒアリングとキャリア相談
・条件に当てはまる求人の紹介
・企業との面接の設定
・履歴書や職務経歴書の作成サポート
・企業ごとの傾向と対策に基づいた面接対策
・内定後の年収交渉
・就職後のアフターフォロー
と多岐にわたります。

転職エージェントは、採用が決定した場合に企業の方から支払われる成功報酬であることから、求職者個人には費用かからず、便利なサービスをすべて無料で受けることができるのです。

理由2:企業の実態が分かる

転職エージェントは、ホームページや口コミサイトなどでは、分からない企業の実態を把握し適切なアドバイスをしてくれます。

例えば、今いる職場がブラック企業であるという理由で、転職を希望している方も多くいるでしょう。

それなのに、ブラック企業だから転職したのに、転職してみた先もブラック企業であるなら意味がありません。

転職エージェントを利用すれば、エージェントがもっているその会社の内部に関するリアルな情報から判断して、転職先を検討する段階で、ブラック企業かどうかも分かることができます。

これによって、転職希望者の理想を裏切らない、安全な転職先選びが可能になるのです。

特に、人材が枯渇している「デジタル関連職種」では、残念ながら、企業側がその実態を隠して、積極的な採用を進めていることがあるのも事実です。

理由3:非公開求人の中からも転職先を選べる

転職エージェントは、通常の求人サイトなどからでも応募できる一般求人だけではなく、一般公開はされていない非公開求人も数多く扱っています。

また、転職エージェントそれぞれが内内に保有している独占求人情報も扱っている場合があります。

転職エージェントがこれまでの送客実績を踏まえて、会社から独自に提供された情報です。

特に、「デジタル関連職種」は既存社員ではなく中途で優秀な社員を入れるというニーズ(リプレイスと呼びます)もあり、社内にわからないように優秀なデジタル人材を採用するケースも数多く見受けられるのです。

転職希望者は、一般には該当する求人情報が無いと思っていても、実は隠れた案件がある場合も多く、また、そういった案件は数多くの候補者がエントリーしていないため、パス率が高い可能性があります。

DX・デジタル人材専門エージェントウィンスリーに キャリア相談する(無料) ※デジタル分野で3年以上のご経験をされている方のみとさせていただいております

理由4:書類準備の手間が大きく削減される

転職サイトなどを使って自分で応募する場合は、履歴書や職務経歴書などの書類を自分で作成し、希望の会社に送る必要があります。

あらかじめテンプレートなどを作っておけば使い回しも可能ですが、そうであっても毎回、会社の指定に従ったものに微修正する必要はあることから、時間と手間はどうしても生じてしまいます。

それが転職エージェントを利用すれば、一度作成したテンプレートを元に、企業の特性や傾向に合わせてどのような書類にすればいいのかアドバイスをくれます。

それによって、書類審査に通りやすい書類を比較的簡単に作成可能です。また、応募自体も場合によっては転職エージェントが代行してくれます。

特にデジタル関連職種の場合は、便利の良い横文字もたくさん出てきますが、自分自身でそのワードを定義できていないと、面接の際に突っ込まれて思わぬ失敗をすることがあります。こういった言葉についてもエージェントからアドバイスを貰いましょう。

デジタル分野で「勝つ職務経歴書」無料ダウンロード

理由5:安心感とともに確実な転職活動をできる

最後は、やはりエージェントという転職活動にも企業の情報にも精通しているプロフェッショナルにサポートされながら、確実な転職活動を安心して行えるという点です。

また、転職者の多くは、いま在籍している会社にも内密にして転職活動を行っている中で、転職エージェントは、数少ない転職に対する理解者にもなってくれるでしょう。

転職に必要な知識や、手続きの代行といった物理的なサポートだけでなく、転職に際して発生した悩みの相談ができるなど、転職希望者に寄り添った転職活動を実現します。

DX・デジタル人材専門エージェント「ウィンスリー」の魅力

DX・デジタル人材専門エージェント「ウィンスリー」の魅力
それでは、最後に数ある転職エージェントの中でも「ウィンスリー」を利用する魅力をいくつかお伝えします。

①とにかくデジタル・DX分野の業界に詳しい

「ウィンスリー」は、2012年からデジタル人材専門の中途採用に力を入れたデジタル特化型の転職エージェントです。

在籍するヘッドハンターも、人材紹介を専門としてきた人間ではなく、デジタル業界にて現場経験があるものが中心となっています。

また、数多くの企業ではなく、特定の大手企業とのみ深く狭く成果を発揮しており、人事との情報交換や定例会なども頻繁に行っているため、デジタル・DX分野の最新業界情報を元にご案内が可能です。

②デジタルに特化した 優良求人・非公開求人などが豊富にある

「ウィンスリー」では、大手優良企業を中心とした 優良人気求人のみ取り扱っています。

大きく分けて下記の3つです。

1.大手事業会社系

まずは、大手の事業会社系です。

・国内最大化粧品メーカー
・消費財メーカー
・流通小売・自動車など

2.WEBサービス会社

続いては、WEBサービスを自社で運営しているような会社です。

・リクルート
・楽天
・メルカリなど

3.大手支援会社

最後に、大手の支援会社です。

・電通や博報堂などの大手広告代理店
・アクセンチュア、デロイトトーマツ、PwCなどの外資コンサルファーム
・NTTデータなどの大手SIerやビッグデータ・AIなどツールベンダー

中には、深く狭く開示できないような非公開案件も保有しています。

問い合わせて無料相談をする中で、条件にピッタリなものに関して詳細をお教えいたします。

③書類・面接通過率が非常に高い

「ウィンスリー」からエントリーした候補者の皆さんは、書類や面接の通過率が非常に高い傾向にあります。

特に書類に関しては、書類通過率が78%(2019年実績)という数字をほこっています。

これはウィンスリーで、デジタル分野に特化した履歴書・職務経歴書作成のアドバイスができることが大きな要因です。

デジタル分野で「勝つ職務経歴書」無料ダウンロード

面接に関しても、最大限の準備をサポートできます。

特に昨今、急激に普及し始めたオンライン面接におけるアドバイスも充実しています。

オンライン面接の留意点はこちら

④内定後のフォロー

ウィンスリーでは、内定を受けた後フォローも充実しています。
まずは、年収交渉です。転職希望者の皆さんからは、直接言いづらいような年収に関する交渉を、ウィンスリーが代わりに行っております。

ウィンスリーで転職をされた方の、73%が転職前に在籍していた会社よりも年収がUPしています。

また、ウィンスリーを利用して転職された方の、短期離職はほとんど発生しておらず、離職率も0.8%とかなり低い水準を叩き出しています。

これは、転職希望者の皆さんが設定した条件や、意向に基づいて、よりマッチした会社をご紹介できていることを示しています。

さらに、ウィンスリーで転職された方が、ご友人などを紹介いただけた場合には、様々なキャンペーンをご用意しています。過去には、現金30万円の進呈や、箱根離宮の宿泊券をプレゼントしたケースもあります。

DX・デジタル人材専門エージェントウィンスリーに キャリア相談する(無料) ※デジタル分野で3年以上のご経験をされている方のみとさせていただいております