• TOP
  • デジタル転職Q&A
  • 代理店から事業会社へ転職しましたが、価値観が合わず再度の転職を検討中です。

デジタル転職Q&A

2020.09.28

No.066 代理店から事業会社へ転職しましたが、価値観が合わず再度の転職を検討中です。

氏名:坂本 貴大(仮名)
年齢:28歳
性別:男性
社会人歴:4年目~7年目
年収:700万円~999万円
業界:事業会社(メディア・WEBサービス)
職種:マーケティング/プランナー/ディレクター
会社規模:【国内】大手・上場企業
ポジション:現場・リーダー
転職回数:1回

現職の社風として営業が強く、全社的にマーケティングの取り組みに否定的です。

事業に対するセンスや価値観が合わなく、建設的に仕事ができないため、自分のキャリア構築に不安を感じています。

 

自分は大手メディアレップとグループ内の大手広告代理店で経験を積んできました。

もともと将来的には事業会社でブランドマーケティングを主体的に動かしていきたいという思いがあり、半年前に現職の事業会社に転職しました。

 

入社して分かったことですが聞いていた話とまったく異なる部分が多く、現状だと気持ちが入らないので転職も考えています。

しかし在籍期間が短くなってしまうので、この先どうしてよいか…悩んでいます。

まず、広告代理店と事業会社はまったく価値観やセンスが違うことが多いものです。

広告代理店では「広告やプロモーション、マーケティングはやるものだ」という大前提にありますが、事業会社には色々な利害関係や力関係や価値観がうごめいているので、必ずしも全員が同じ方向を向いているとは言いきれません。

しかしその中で各方面を説き伏せ、巻き込みながら形を作っていくのが事業会社のマーケティング部署の役割とも言えるので、前職との想定外の違いに戸惑っているだけではないでしょうか?

実際の詳細な状況がわかっていませんのでその前提でお話しますが、周りとも相談しながら先ずは徹底的にやりきれる方法論を模索してみても良いのではないでしょうか?

なお、転職エージェントのなかには、転職先になりえる企業について耳触りがよい事しか伝えないケースも…。
業界や事業領域に詳しくポジティブ面だけではなく幅広く示唆をくれるような、親身になってくれるエージェントとお付き合いをした方が良いと思います。

タイミングは別の検討としまして、もし転職を検討するとなった場合には弊社をはじめとした上記の様な良いエージェントに相談してみると良いと思います。

回答者
瀧島一郎(株式会社ウィンスリー ヘッドハンター)