デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

そもそもデジタルマーケティングとは?

デジタルマーケティングとは

60873013 - coworkers team modern office.account managers work new business startup presentation process.man signing charts global strategy plan.laptop computer wood table.hitech diagram interface screen.concept

よく使われる『デジタル マーケティング』ということば

基礎知識をおさらいしよう

 当社に転職相談にお越しになるこの分野の候補者のなかにも、デジタル マーケティングということばの定義が曖昧な方が結構いらっしゃいます。世の中的にも「デジタル」の施策であれば、すべてデジタル マーケティングと思ってしまいがちな状況にあるのでしょう。会社や立場によって、便宜的に使われている「デジタルマーケティング」ということば。今回はできるだけシンプルに、デジタル マーケティングが指す領域について説明したいと思います。

 

デジタルによる業務変革と顧客体験の総称における違いを理解しよう!

 企業の業務を要素分解して見てみましょう。 

【商品企画⇒製造・開発⇒流通⇒販売】というバリューチェーンがあるとします。この業務の流れにおいて、革新となったIT化は現在ではデジタル化へと進み、各業務フェーズではそれぞれ重いシステムを使用してきました。しかし、デジタル化によってこうしたデータはクラウドの登場などもあって、コストが削減され、容易にデータの取得も出来るようになりました。結果、各フェイズの最適化のみならずデータを元にした全体の課題の把握、解決も容易になってきました。

 たとえば、これまで対面でのみ販売していたサービスや商品をネット販売に切り替えると、各セクションの業務はすべて変わってきます。販売方法もオペレーションも、ネット用に変革が生じ、さらには業務システムや基幹システムとの連携の在り方にも大きく影響してくるのは必須。そんなときにも現在では、データ、クラウドで再構築していくことが可能となりました。

…さて、今話しているなかに、デジタル マーケティングはどのくらい関わっているでしょうか?

 実はこれは、デジタルによる業務変革についての説明であり、これは「デジタル トランスフォーメーション」についての説明なのです。

では、デジタル マーケティングは一体どこで登場するのかと言えば、まず、WEBマーケティングという概念があります。これはwebサイト(スマホをはじめ各デバイスを含む)の【web構築 → 集客 → CRM→全体PDCA 】 の部分を抽出した業務が該当します。

その領域もテクノロジーの進化に伴い、WEBからのデジタルデータの取得のみならずオフラインを含めたあらゆるデジタルデータを取得できるようになりました。冒頭のバリューチェーンのプロセスで取得したデータももちろん含まれ、そのすべてのデータを元にさまざまなマーケティング戦略を打ち手を出していくことが可能となりました。それを総称して「デジタルマーケティング」と呼んでいます。

 

案件・キャリアのご相談はこちら 

Copyright 2017 デジタルマーケティング分野の転職・研修なら「ウインスリー」