• TOP
  • News & Topics
  • ITコンサルタントへの転職は可能?ITコンサルタントに必要なスキルと求人情報も紹介!

News & Topics

2021.05.12

ITコンサルタントへの転職は可能?ITコンサルタントに必要なスキルと求人情報も紹介!

企業をサポートとする役割をであるコンサルタント。

一口にコンサルタントといっても、その担当する業種や求められることはさまざまです。

その中で、DXに代表されるように、ビジネスのデジタル化の重要性が高まる中、特に需要が高まっているのが「ITコンサルタント」です。

本記事では、そんなITコンサルタントについて、ITコンサルタントがどのような職業で、主にどういった業務を担当するのか。

また、年収やおすすめの求人情報などについて紹介していきます。

ITコンサルタントへの転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントは、その名のとおりITを活用したコンサルティングサービスを提供する職業です。

企業の課題をITを使って解決するためのサポートや、今後、企業が展開する事業に対してデジタルテクノロジーをいかにして友好的に活用するかをアドバイスする役割を担います。

ITコンサルタントはは、コンサルティングファームや広告会社、SIerに所属している場合が多いです。

クライアントの要件や要望に、最適だと思われる人材が派遣され、企業の課題解決や事業展開をサポートしていきます。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントが担当する主な仕事としては、

  • ヒアリング
  • 現状分析
  • 改善案や施策の提案
  • 進捗管理などのマネジメント

があげられます。

それぞれの仕事の内容について詳しく解説していきます。

仕事内容1:ヒアリング

ITコンサルタントがまず始めにおこなうのが、ヒアリングです。

  • 派遣される先の企業がおこなっているビジネスの概要
  • 経営戦略
  • 派遣された先の企業が抱えている課題
  • これから展開していきたいと考えているサービスの概要
  • 現在使用しているシステム

などについてヒアリングしていきます。

課題の解決方法や新しいサービスを構築するシステムについて考えるためには、情報の収集が必要不可欠です。

そのため、最初のうちに徹底したヒアリングをおこない、集めた情報をこの後の事業に活用していきます。

仕事内容2:現状分析

ヒアリングの後は、現状分析です。

企業が抱えている課題解決を目的にしている場合、現状を分析し、改善点や改善策を考えなくてはいけません。

また、新しいサービスを作る場合は、立てた仮説に対して、さまざまな情報をもって根拠付けてサービスの構築をおこなっていく必要があります。

仕事内容3:改善案や施策の提案

ヒアリングで収集した情報を元に分析をおこなったら、次はその分析データを元に改善案や施策を考えていきます。

  • 企業が抱えている問題を解決してくれるシステムの導入や構築
  • 新しいサービスを展開していく上で必要になるシステムの導入や構築

など、改善案や施策について考えるのはもちろん、それらを企業側の担当者に対してプレゼンをする場合もあります。

その際は、提案資料を作成した上で、

  • なぜそのシステムの導入や構築が必要になるのか
  • その改善案でどのような効果が見込めるのか
  • なぜその施策が必要で、実施した場合どのような効果が見込めるのか

などを、ITのプロフェッショナル的な視点も交えた提案が必要です。

仕事内容4:進捗管理などのマネジメント

ITコンサルタントの仕事は、改善案や施策を提案して終わりではありません。

その改善案や施策を実施していくためのチーム作りも含めた、マネジメントもおこなわなくてはいけません。

企業側の担当者と一緒に社内外から人材を確保してチームを構成し、提案した改善策や施策を実現に向けて進めていきます。

基本的に実務は他のメンバーがおこないますが、進捗管理や舵取りはITコンサルタントがおこなう場合が多くあります。

ITコンサルタントに求められるスキルとは

ITコンサルタントは、ITを活用してその企業の課題解決や、新しいビジネスへのアドバイスをおこなうなど、デジタル分野の知識や経験が重要視されるかなり専門的な職種です。

また、クライアントとなる企業に入り込んでのプロジェクトの舵取りをおこなうポジションになることから、さまざまな実務的スキルが求められることになります。

ITコンサルタントに必要とされるスキルは細かいものまであげるとキリがありませんが、代表的なものだけでも以下のようなものがあげられます。

  • ITに関する深い知識
  • さまざまなデジタルテクノロジーを扱えるスキル
  • ビジネスへの理解
  • ヒアリング能力
  • 分析力
  • 提案力
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力

それでは、ITコンサルタントに求められる上記の5つのスキルについて詳しくみていきましょう。

スキル1:ITに関する深い知識

ITコンサルタントは、ITを活用して企業の課題や新規事業のサポートをおこなう職業です。

そのため、当然のことながら、ITに関する豊富な知識が必要になります。

一般的なITに関する知識を深いレベルで理解していることはもちろん、最先端のテクノロジーについても学んでおく必要があります。

スキル2:さまざまなデジタルテクノロジーを扱えるスキル

ITコンサルタントに求められるのは知識だけではありません。

そのデジタルテクノロジーを扱えるだけのスキルも求められます。

ITコンサルタントはプロジェクトのマネジメントを行うと同時に、システムを構築してくれるエンジニアに対して的確に指示を出すことも必要です。そのためには、エンジニアと対等に連携できるだけの知識とスキルが求められます。

その他にも、データサイエンティストのようなデータの分析をおこなう立場の人と対等に話をしたり指示を出したりする場面が出てくることもあるため、さまざまなデジタルテクノロジーをしっかりと扱えるだけのスキルが必要不可欠です。

スキル3:ビジネスへの理解

ITコンサルタントはその会社が抱えている課題を解決したり新規事業に関するアドバイスをおこなうような立場であるため、ビジネスについて深く理解している必要があります。

ビジネスを理解していないと的確にアドバイスすることができませんし、サポートもできません。

また、経営陣と話をしたり提案を通したりするためにもビジネスへの理解力が求められます。

スキル4:ヒアリング能力

ITコンサルタントが企業に派遣されて初めにおこなうのが「ヒアリング」です。

この段階で企業が抱えている課題や要望をしっかりとヒアリングすることができないと、その後の工程にも支障が出てしまいかねません。

そのため、高いヒアリング能力が求められます。

スキル5:コミュニケーション能力

提案した内容が通った場合、プロジェクトに参加し、そのプロジェクトの舵取りをおこなわなくてはいけません。

その中でさまざまな職種の方と一緒にプロジェクトを進めていくことになることから、ITコンサルタントにはコミュニケーション能力も求められます。

また、経営陣と話す機会も多いため、視座を高く設定したコミュニケーション能力も求められると考えておいてくと良いでしょう。

DX・デジタル人材専門エージェントウィンスリーに キャリア相談する(無料) ※デジタル分野で3年以上のご経験をされている方のみとさせていただいております

【業界別】ITコンサルタントの市場ニーズ

ITコンサルタントは、多くの業界で引く手数多なニーズの高い職種となっています。

なぜなら、既存のビジネスにデジタルテクノロジーを取り入れてビジネスの変革を図る、DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む企業が増えてきているからです。

DXを推進する場合、デジタルテクノロジーの専門家であるITコンサルタントの存在は欠かせません。

実際、ITおよび通信分野に関する調査を行うIDCが発表した「国内コンサルティングサービス市場予測を発表」というデータによると、ITコンサルタントを含むコンサルタント業界は年間の成長率が5.4%と非常に高い水準で推移。

最近では、社外から招くのではなく、社内でITコンサルタントを抱える企業も増加傾向にあります。

ITコンサルタントとPM・SEの違いとは?

前述の通りITコンサルタントには、さまざまな役割があることから、それと近しいPM(プロジェクトマネージャー)、SE(システムエンジニア)の棲み分けがはっきりとせず、その違いが気になる方もいるでしょう。

例えば、SEはシステムの構築など実際に手を動かすという役割をになっていますが、ITコンサルタントやPMは実際に手を動かすというよりも指揮をとるのが主な役割です。

また、ITコンサルタントはヒアリングした内容から課題を見つけ、その課題を解決するのが主な役割になっていますが、PMはやることが決まった後の舵取りをおこなうのがメインの役割になります。

そのため、PMよりもITコンサルタントの方がより早い段階からプロジェクトに関わっていくことになりますし、携わる業務も多くなります。

ITコンサルタントの平均年収は?

ここまで紹介してきたように、ITコンサルタントはさまざまなスキルが求められる専門的な職種です。

そのため、平均年収も高く、620万円ほどとなっています。

国が発表している日本人の平均年収が492万円ですから、ITコンサルタントの平均年収はかなりの高水準だと言えるでしょう。

ITコンサルタントの転職はエージェント「ウィンスリー」がオススメ!


各社から渇望されているITコンサルタントですが、ITコンサルタントへの転職には転職エージェントの活用がおすすめです。

特に、DX・デジタル人材専門のブティック型エージェントウィンスリーは、最新の優良求人、非公開求人を数多く取り寄せております。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職サイトと同じ人材紹介サービスの一つです。

しかし、転職サイトよりも手厚いサポートが受けられるということもあって、最近は転職エージェントを利用して転職をおこなう方が増えてきています。

転職サイトは、求人情報の検索から応募、応募書類の準備、給与などの待遇面の交渉などを一人でおこなわなくてはいけません。

一方、転職エージェントは、あなたにあった仕事をリサーチして紹介してくれます。

また、面談などのスケジューリングや応募書類の作成のサポート、さらには待遇面の交渉もおこなってくれます。

また、転職エージェントの方が転職サイトよりも保有している求人の数が多い傾向にあるので、アプリケーションエンジニアの求人も見つかりやすいというメリットも。

似たような業界から転職する場合はもちろんですが、未経験の方にとってこれほど心強い味方はまずいませんので、ぜひ転職エージェントの利用を検討してみてください。

DX・デジタル人材専門エージェントウィンスリーについて

2012年創業の株式会社ウィンスリーは、当初から「デジタル人材」専門エージェントとして中途採用の支援をしてきました。

特徴は大きく3つ

1.ヘッドハンターがDX・デジタル分野での就業経験あるメンバーが10名在籍

2.採用企業は大手企業中心、候補者もデジタル分野経験者のみ。求人数 約3500

3.ミスマッチがない。2012年創業より半年以内に退職した方は0.8%

(2021年3月現在)

おかげさまで、DX・デジタル分野の中途採用支援では、業界随一となり、採用企業様、候補者様数多くのお問い合わせを頂戴しています。

DX・デジタル人材専門エージェントウィンスリーに キャリア相談する(無料) ※デジタル分野で3年以上のご経験をされている方のみとさせていただいております

ITコンサルタント関連の注目求人

デジタル人材専門エージェントウィンスリーでは、数多くの「ITコンサルタント」求人を取り扱っています。人気企業の一部求人を紹介いたします。

求人によってはクローズになっている場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。(2021年4月29日時点 )

株式会社博報堂 グローバルITコンサルタント

【職務詳細】
・クライアントのDX(デジタルトランスフォーメーション)において、先進的なITテクノロジーやソリューションを活用した業務、ビジネス変革を推進するための、ITプラットフォームの構想、構築のコンサルティングや支援を行います。

・ITを活用したマーケティングの高度化を実現するための戦略策定、ITやデータ活用基盤全体の構想、設計、要件定義、ツール選定を行います。

・ITシステム面における運用体制の構築、プロジェクトの計画、マネジメントをします。

・社内外のデジタルコンサルタントやベンダー企業と協業し、プロジェクトを推進します。

・上記業務について、海外のベンダーや、海外拠点スタッフとの協業も行います。

【配属される組織】
CMP推進局

【提供できる成長・環境】
デジタルビジネスのご経験がある方に間口を広く設定し、博報堂のグローバルにおけるコアメンバーとして、クライアントのデジタル改革、DXを推進することにより成長いただきます。メンバーの方はリーダーへ、リーダーの方はマネージャーへのキャリア構築を実現可能です。
https://w3hr.jp/job/18568/

株式会社電通デジタル ITコンサルタント

【職務内容】
マーケティング高度化を実現するためクライアント企業の実装や運用フェーズまでご提案する役割をお任せ致します。

<具体的には>
・クラウドのデータマネジメントのプラットフォームやコミュニケーションエンジンの導入、運用のコンサルティングやプランニング
・コンサルティング・シナリオプランニング・ツール実装から運用までの一連のご提案

【必須業務経験】
▼求める人材要件
・SEのご経験あるいは、ITコンサルティング、PMとしてのご経験
・対外折衝も含めてPJを進めてきたご経験
・デジタルマーケティングのコンサルタントとして成長するための意思と情報収集力

▼特に歓迎する経験
・ビジネス英語の会話力、読解力がある方
・マーケティングツールの導入、実装経験、あるいは利用経験
・SFDC、AdobeのMA関連資格保有
https://w3hr.jp/job/15829/

その他「ITコンサルタント」の求人はこちら