• TOP
  • News & Topics
  • アクセンチュアソングとは?インタラクティブから名称変更!強みと特徴を徹底解説

News & Topics

2022.08.03

アクセンチュアソングとは?インタラクティブから名称変更!強みと特徴を徹底解説

アクセンチュアソングとは?インタラクティブから名称変更!強みと特徴を徹底解説
総合コンサルティングファームとして確固たる地位を築いているアクセンチュア。

2022年に、同社の「インタラクティブ」領域を「ソング」と改称し、より優れたサービス提供とビジネスの成長を支援する体制を整えました。

今回は、アクセンチュアソングの概要や特徴、募集求人などについてご紹介します。

アクセンチュアソングとは?

アクセンチュアは世界最大級の総合コンサルティングファームです。世界の50か国、約200都市に70万人近い従業員を有し、戦略コンサルはもちろん、業務・IT・BPOなど、非常に幅広い分野でコンサルティングや各種サービスを提供しています。

アクセンチュアはこれまで、「ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」という4つの領域で多様なサービスとソリューションを提供してきましたが、2022年4月に「アクセンチュアインタラクティブ」から「アクセンチュアソング」に改称しました。

この名称変更はコロナ禍以後の社会変化を受けたものであり、顧客や従業員を取り巻く環境やニーズがこれまで以上に激しく変化する中で、そのスピードに対応した事業展開や価値提供を目指すことの決意表明でもあります。「ソング」という名称は、新しい習慣や成果が次々に生み出される暮らしのリズムに沿った関係性の構築やビジネス成長を意味します。

具体的には、豊富な業界知識と精緻な分析に基づく深い洞察、拡張性やテクノロジーを備えた価値あるアイデアによる課題解決、緻密な情報収集や戦略による価値ある体験の創造が、アクセンチュアソングのミッションです。

アクセンチュアソングの特徴

アクセンチュアソングの事業における特徴として、以下の3つが挙げられます。

  • 持続性のあるマーケティング変革の提案
  • DXの潮流に則したプラットフォームの構築
  • 顧客視点の徹底した新規企画の立案

それぞれ詳しくご紹介します。

持続性のあるマーケティング変革の提案

コロナ禍を契機に、デジタルを中心とする顧客体験のニーズが変化し続ける中、エクスペリエンスを軸にマーケティング活動そのものを変革します。こうした変革に継続的に取り組むことで効率化を実現し、事業成長に貢献しています。

DXの潮流に則したプラットフォームの構築

社会のデジタル化が加速し、企業にとってDXへの取り組みが不可欠となる中で、アクセンチュアソングはデジタルに焦点を当て、企業およびブランドのマーケティング、サービス、セールス、コマースの成長を支援します。

たとえば、最新テクノロジーを駆使しプラットフォームとパートナーシップを適切に組み合わせることで、ビジネス成長に必要なエコシステムの構築などに取り組んでいます。

顧客視点の徹底した新規企画の立案

クライアント固有の強みを消費者の新たなニーズに結びつけ、エクスペリエンスを創出する体制を社内に確立したうえで、拡張性の高いビジネスモデルを構築します。

具体的には、市場の状況に応じた新たな成長戦略の策定や、事業を軌道に乗せるための適切な体制、スキル、チーム、ガバナンスモデルの構築、製品およびサービスの価値を最大化するための従業員体験の再定義などです。

アクセンチュアソングの文化的魅力

社員の個性を伸ばし、成長を促す体制を整えているアクセンチュアソングですが、フレキシブルで働きやすいカルチャーも魅力です。特に大きな文化的魅力として、以下の3つがあります。

働き方の柔軟性

2015年に働き方改革がスタートして以降、多様な人材が限られた時間で成果を発揮できるよう全社的な取り組みを進めています。一例として、在宅勤務制度を2016年から全正社員に、2018年には全社員に拡大しました。

こうした取り組みの結果、離職率は低下し、2015年から2018年の3年間で社員数は倍増するなど大きな成果が生まれています。

社内環境の充実

オフィス内の好きな場所で仕事ができるよう、フリーアドレス制や電話会議システムを採用。また、社内知見を円滑に共有できるよう多様なデジタルツールを導入するなど、働きやすい環境の整備に力を入れています。

女性活躍の推進

誰もが働きやすいインクルーシブな会社を目指し、2006年という早い時期から女性活躍推進活動を開始。女性の採用強化や勤務継続意欲の向上はもちろん、女性リーダーを継続的に輩出していくことも目指しています。

アクセンチュアソングの主な募集求人

アクセンチュアソングでは現在、以下のポジションを募集しています。

サービスデザイナー

サービスデザイナーは、顧客体験を軸に、デジタル、フィジカル問わず全ての顧客接点を繋ぐサービス・プロダクトのデザインを担当するポジションです。

顧客体験を中心としたデザインプロセスに関する広範な知識と、サービスデザインの経験や、デザインリサーチへの理解と経験などが求められます。

ECエンジニア・ECコンサルタント

ECエンジニア・ECコンサルタントは、継続的な取り組みでユーザーの態度変容を捉え、施策の失敗、改善、そして成功までの取り組みを実現するための「デジタルコマースプラットフォーム」を提供するポジションです。

ECサイト構築経験や、ECサイト全般の業務知識、業務フローへの理解(決済の仕組み、基幹システムとの売上・出荷連携など)などが求められます。

アートディレクター

アートディレクターは、文化やインサイトを深く理解し、新しい視点から様々なアイディアを生み出すポジションです。短期間で幅広いアイデアを創出し、突き詰めて磨き上げるとともに、アイデアを明確に、シンプルに、説得力のある方法でまとめることが求められます。

必要なスキル・経験は、アートディレクションやデザイン制作の実務経験(2年以上)や、Adobe Photoshop、Adobe InDesign、及びAdobe Illustratorの専門スキルなどです。

リアルタイムソフトウェアデベロッパー

リアルタイムソフトウェアデベロッパーは、お客様企業の製品やサービスにおいて、ビジュアルクオリティ、臨場感をもったビジュアルコンテンツを制作するために、CGパイプライン、自動化ツールを構築し、最先端のソフトウェアやハードウェアを用いたレンダリング、コンテンツ配信サービスを構築するポジションです。

プロフェッショナルなプログラムスキルを用いたゲーム開発、ゲームエンジン、ビジュアルエフェクト(VFX)制作開発経験、JavaScript Node.js, MongoDB , AWS pro or specialist certification preferred , Linux , HTML5 , Python などを用いた開発業務経験などが求められます。

マーケティングサイエンティスト

マーケティングサイエンティストは、お客様のマーケティング戦略立案に必要不可欠な、様々なデータの収集・分析・可視化を行い、顧客企業のビジネス目標達成に必要なアクションプランを導き出すポジションです。

プログラミングや統計ツールを使った分析経験や、データベースツールを使ったデータ収集・加工・分析実績などが求められます。

マーケティングシステムエンジニア・システムコンサルタント

マーケティングシステムエンジニア・システムコンサルタントは、クライアント企業のマーケティング活動における顧客接点を高度化し、行動変容を促すためのマーケティングシステムの導入や刷新を行うポジションです。

システム開発またはプログラミングの経験、顧客の要件を基にしたソフトウェア開発プロセスの基礎知識、Salesforce Marketing Cloud 関連ソリューションの導入経験などが求められます。

アクセンチュアソングの採用難易度について

アクセンチュアソングのキャリア採用では、通常書類選考および2,3回の面接を通過する必要があります。ケース面接を行う場合もあり、論理性はもちろん、結論に至る過程や根拠を組み立てる思考力が求められます。

コンサルタントとしての基本素質をもっていることは大前提。加えて、自己紹介や志望動機などをコンパクトにクイックに回答していく必要があります。
英語も外資系企業ですので英語力も評価になりますが、話せなくてもそこへの学習意欲があれば問題ありません。

あとは、広告代理店にてデジタル広告のコンサルタントや運用をされている方の応募も数多くございますが、受け身の運用やコンサルだけではなかなか通過しません。どれだけ事業に貢献したのか、また広告領域以外のソリューションも関わったなど、協議の広告運用コンサルタントだと書類も厳しくなってしまっています。

アクセンチュアソングへの転職ならウィンスリー

現在の自身の経験でアクセンチュアソングに転職できるかどうかは、ウィンスリーまでお問い合わせください。

現在は、ブラインドレジュメによる弊社担当、もしくはアクセンチュアソングの人事との合否診断も可能です。

ブラインドレジュメ診断を申し込む