• TOP
  • News & Topics
  • アンダーワークスに転職する前にチェックしたい【3つのポイント】面接難易度や気になる年収情報

News & Topics

2020.12.18

アンダーワークスに転職する前にチェックしたい【3つのポイント】面接難易度や気になる年収情報

広告業界で転職を検討する場合、アンダーワークスを候補とする方も多いのではないでしょうか。アンダーワークスに転職する3つのおすすめポイントをチェックして、転職活動を成功させましょう。

INDEX:
アンダーワークスとはどのような会社?
【1】アンダーワークスのおすすめポイントTOP3
【2】アンダーワークスの年収や勤務環境について
【3】アンダーワークスの【面接対策】で押さえたい3点
アンダーワークスへの転職を検討中の方へ

アンダーワークスとはどのような会社?

会社概要

業界では有名なデジタルマーケティングコンサルティング会社であるアンダーワークス。
「デジタルマーケティングジャーナル」というデジタルソリューション分野のメディアも運営しています。少数精鋭であり、社員の育成にも力を入れています。
https://dmj.underworks.co.jp/

アンダーワークスのミッションは「1歩先のデジタルで未来を切り拓く」 。
デジタル戦略、マーケティングオートメーション、CDP、CMS、データ可視化・分析、デジタルガバナンス・コンプライアンス等、デジタルの専門家として、多くの企業の課題解決に貢献しています。

またクライアントは大手グローバル企業が多く、メンバーの約半数はバイリンガル
これからの時代に求められる経験・スキルが身につく会社です。

ウィンスリーではデジタル領域に特化し、8年間深く狭くコンサルティングをしてきました。候補者のインサイトとデジマ市場を熟知しており、そこから戦略を見いだしていくことを得意としています。ぜひご相談ください。

募集職種

<アンダーワークス株式会社/デジタルマーケティングコンサルタント>

大規模Webサイト・ECサイトリニューアル、マーケティングテクノロジー導入プロジェクトの提案・プロジェクトリード。Webサイトリニューアルプロジェクトでの企画・設計・ディレクション業務。マーケティングオートメーションやCMS他マーケティングツールの導入支援。導入プロジェクトでのツールの設計・設定作業。

詳しくはこちら

企業風土や働き方

コンサル出身である会社代表の強いリーダーシップにより大変勢いのある会社です。
コンサルやシステム会社、広告会社など異なる業種・業態・規模の会社からのメンバーで構成されているため多様性に富み、相互に学び、切磋琢磨する成長環境にあります。

働き方改革も進んでおり、長時間労働というコンサルティング会社のイメージを覆す非常にホワイトな環境です。現在はリモートワーク勤務が中心となっています。

【1】アンダーワークスのおすすめポイントTOP3

1)拡大するDX市場における総合的なスキル・経験が積める

どんどん拡大をし続けるDX市場において、デジタル戦略、マーケティングオートメーション、データ可視化・分析などの総合的な経験を積むことができます。ひとつのツールに依存せず新しいツールや先進的なテクノロジーを積極的に取り入れるため、プロジェクト毎に新しい知見を増やせるのも魅力です。

2)DX未経験でもキャリアアップのチャンスがある

今後市場成長が難しい「広告」分野では自分の転職市場での価値が下がるのではないかと不安に思われている方が多くいます。アンダーワークスでは広告系のデジマキャリアから市場が拡大するDX人材へのキャリアアップが可能です。
広告周りのソリューションはある程度やりきり、DXのスキルを高めたいという方には大変おすすめの会社です。

3)少数精鋭、成長中企業ならではの働きがい

現在メンバー数50人未満と小規模ではありますが非常に伸び盛りで、確立された大企業にはないスピード感や面白さがあります。
大きな裁量を持ちながら働くうちに、組織だけでなく自分自身の成長を実感することができるでしょう。

【2】アンダーワークスの年収や勤務環境について

年収相場について

現職での年収や希望年収、面接での評価等を総合的に判断して決まります。 年収アップも十分可能です。

勤務環境について

現在リモートワーク勤務が中心となっています。

キャリアアップについて

さまざまなスキルアップトレーニングのほか、書籍購入制度やオンライン学習サービスなどのラーニング制度、資格取得の支援制度が充実しています。
月に1回マネージャーとの面談あり。ステップを踏みながらキャリアアップを目指すことができます

【3】アンダーワークスの【面接対策】で押さえたい3点

1)面接回数は?

2~3回。現在はオンライン面接が行われています。
1回目:シニアマネージャー
2回目:会社代表

経験・スキルなどによって追加面接が入ることもあります。

2)面接難易度や面接準備について

難易度は他企業と比較してそこまで高いわけではありません。
ただし未経験の場合からのチャレンジですと、どうしてデジマに興味があるのか?実際にそれらに関するアウトプットがあるか?(自社でECサイトをやっている、学校に通っていた等々)ということは重要なポイントです。

ご自身の経験やスキルを棚卸しして、自分がどのようなキャリアを築いていきたいのかをしっかりと整理しておきましょう。その上で、アンダーワークスへの志望動機を伝えられると良いと思います。志望動機は最も重要な質問の一つですので、事前にしっかりと企業研究をしておきましょう。

また、実際に質問を想定して面接の練習をしましょう。深堀りの質問に対しても戸惑わないように、「なぜその答えなのか」といった回答理由も準備することが大切です。

一人で自問自答を繰り返すことはもちろんですが、時には転職エージェントや周囲の方を相手に、質問を投げかけてもらいながら行ってみましょう。

3)面接の雰囲気や気をつけること

会社代表との面接はどなたでも多かれ少なかれ緊張するかと思います。
緊張しても印象は悪くなりませんのでご安心ください。緊張することよりも、上記の準備をしっかりとすることの方がずっと重要です。

また、会社代表はコンサルタント出身ということもあり、論理的に端的に回答されると良いと思います。
明るく元気よく、ハキハキと回答されると好印象です!

アンダーワークスへの転職を検討中の方へ

当社はデジタル分野に完全特化した転職支援を行っており、業界での実務経験のあるコンサルタントだからできる「論理的な転職サポート」を行っております。個人では収集困難な情報をもとにしたアドバイス、面接への対策等も無料で行っておりますので、アンダーワークスに転職ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

無料転職相談を申し込む