• TOP
  • News & Topics
  • 電通に転職する前にチェックしたい【3つのポイント】面接難易度や気になる年収情報

News & Topics

2020.11.17

電通に転職する前にチェックしたい【3つのポイント】面接難易度や気になる年収情報


広告業界で転職を検討する場合、電通を候補とする方も多いのではないでしょうか。電通に転職する3つのおすすめポイントをチェックして、転職活動を成功させましょう。

INDEX:
電通とはどのような会社?
【1】電通のおすすめポイントTOP3
【2】電通の年収や勤務環境について
【3】電通の【面接対策】で押さえたい3点
現在募集中のポジション
電通への転職を検討中の方へ

電通とはどのような会社?

■会社概要

御存知の通り、電通は今や世界でも有名な日本最大の広告会社です。
「Good Innovation.」をスローガンとして掲げ、大企業としては驚くほどのスピード感でグローバルな対応に力を入れ、デジタルへの事業ドメインを進出を進め、働き方改革を行ってきました。
世間の波を敏感に察知しスピーディーに改革が進めることができるのは、柔軟性が高く優秀な社員が揃っているからでしょう。

ウィンスリーでは代表、代表顧問、およびメンバーが電通・電通グループ出身です。電通に関してのコネクションや情報を多く持っておりますので、より適切なアドバイスができるかと思います。ぜひお気軽にご相談ください。

■募集職種

<電通/デジタル/データテクノロジー/マーケティングコンサルタント>

データとテクノロジーを駆使した科学的な生活者インサイト導出に基づき、様々な業種のクライアントのマーケティング課題の解決、ビジネス開発を推進いただきます。
電通が社を挙げて取り組んでいる戦略領域を牽引する重要なポジションです。
詳しくはこちら

<電通/ビジネスプロデューサー>

クライアントのマーケティング課題の解決を最前線でリードする、営業人材(ビジネスプロデューサー)を募集します。
詳しくはこちら

<電通/コミュニケーションプランニング/統合ソリューションディレクター/プランナー>

顧客と並走し、顧客の事業成長をもたらす統合的なソリューションを提供するディレクター/プランナーを募集します。
詳しくはこちら

■企業風土や働き方

「人が財産」の電通。
近年ワーク・ライフ・バランスの推進に取り組み、時間外労働の削減やさまざまな休暇制度の設定、社員の悩みに対応する専門部署を設置するなど、全企業の見本となるようなホワイトな労働環境に整えてきました
またサステナブルな社会の実現に向け、人権の尊重や環境保全などの重点領域を定め、再生可能エネルギーの導入やダイバーシティ対応といった取り組みを進めています。

【1】電通のおすすめポイントTOP3

1)日本、世界を代表する大手企業の支援ができる

日本トップの広告会社であるので、SoftBankや日清食品、TOYOTAなどナショナルクライアントの案件がほとんど
また、オリンピックやワールドカップなどの世界のスポーツ祭典や、世界を代表する大手企業の支援などワールドワイドな仕事をするチャンスが多くあります

2)最先端のマーケティングソリューションをキャッチアップし提供できる

英国イージス社を迎え入れ、ロンドンに「電通イージス・ネットワーク社」を発足。145を超える国や地域で事業を展開し、名実ともに世界トップクラスの広告会社になりました。これにより海外の最先端技術や情報をいち早く得ることができます。
マスプロモーションのイメージが強い同社ですが、デジタル周りの最先端事例やソリューションなども海外ネットワークからインポートをしているのも魅力です。

3)企業の広告代理店でありながらコンサルティングの仕事もできる

新規ビジネスの開発やデジタルトランスフォーメーションなど、新しい支援領域を進めています。広告領域にとどまらず、さまざまな経験を積むことができるでしょう。
最近では、戦略コンサルティングファームや、IT系コンサルティング会社出身の方も多く、データテクノロジー周りは非常に優秀な中途メンバーのジョインも増えてきています。
また広告会社×企業 といった新しい取り組みも増えてきました。
2021年にはトヨタ自動車と新会社を発足予定。(参考リンクはこちら
電通は事業成長パートナーとして新体制に参画し、顧客企業のマーケティングおよびビジネス変革を推進します。

【2】電通の年収や勤務環境について

■年収相場について

正社員は業界最高水準の年収が見込めます。
年収相場は前職考慮ですが、プロパー社員で30歳で1000万を超えるケースも見られます。広告業界の中では圧倒的に高い水準です。

■勤務環境について

現在リモートワーク勤務が中心となっています。また完全フレックスとなっており、自由度が高く働きやすい環境になっています。

■キャリアアップについて

電通では女性社員の活躍の推進に積極的に取り組んでいます。
積極採用に向けた採用施策や管理職のマネージメント力強化の他、育児・介護の両立に対する不安を払拭するための制度・支援施策の見直し、長時間労働を見直すための「働き方リデザイン」活動などを推進しています。

【3】電通の【面接対策】で押さえたい3点

1)面接回数は?

基本的に3回程度。現在はオンライン面接が行われています。

2)面接難易度や面接準備について

人気も難易度も高い企業であるため、採用募集では相当な人数が応募されています。
面接ではまさに優秀の中の優秀である方々との戦いになりますので、いかに自分を具体的にアピールできるかが重要になります。

弊社経由からも相当なご応募依頼をいただきますが、書類通過の難易度はかなり高くなっています。広告系優秀な人材は社内にもかなりいますので、同じ広告代理店からの転職希望は、相当ハードルが高くなっています。逆にIT開発エンジニアやデータサイエンティスト、デジタルソリューションなど、広告以外のスキルを持っている方が先方の採用ニーズに合致しそうです。

以下4点をまとめておきましょう。
1:どれだけの【専門性】を持っているのか。
2:講演会、セミナー、賞、自著の書籍など【アピールできる実績】
3:会社にどのように貢献できるのか【入社後の具体的なプラン】
4:オンラインで提示できる形式の【ポートフォリオ】

面接を見る側のスキル経験はとても高く、対策は一朝一夕に対策できるものではありません。
そこでまず「自分は電通に受かるような人材なのか」から棚卸ししてみましょう。自分自身だけでなく客観的な視点も大切になりますので、ぜひウィンスリーにご相談ください。

3)面接の雰囲気や気をつけること

雰囲気は面接官によりさまざまです。
電通は「コミュニケーションエクセレンスカンパニー」なので、オンラインという環境でどれだけプレゼンテーションできるかが特に重要となります。基本的なことですが通信環境や画面の明るさ、服装はしっかりと準備して臨みましょう。

現在募集中のポジション

一覧はこちら

電通への転職を検討中の方へ

当社はデジタル分野に完全特化した転職支援を行っており、業界での実務経験のあるコンサルタントだからできる「論理的な転職サポート」を行っております。個人では収集困難な情報をもとにしたアドバイス、面接への対策等も無料で行っておりますので、電通に転職ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

無料転職相談を申し込む