デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

Sansan株式会社/【東京/責任者候補】機械学習・データマイニング・データサイエンスにおける研究開発員

求人ID 12926
ウィンスリーより
企業名 Sansan株式会社
募集職種 【東京/責任者候補】機械学習・データマイニング・データサイエンスにおける研究開発員
職務内容 名刺とは単に連絡先の情報ではなく、ビジネスの出会いの場で交換される、人と人のつながりの証でもあります。所属している会社、部署や役職、地域といった属性情報に加えて、異動や転職によるキャリアの変化も含めたビジネスネットワークとして網羅性の高いデータに成り得ます。Sansanは独自の名刺データ化システムにより、ほぼ100%という高精度のデータベース構築を実現しています。この量、正確性、ユニーク性をもった情報は他社には類を見ないデータです。このデータを活用して未来の働き方に資する新たな価値を作り出すべく、機械学習・データマイニング・データサイエンスにおける研究員を大募集しています!

出会いのデータベースから何が価値として見いだせるのか、どうやって価値に繋げるのかを強みに応じて幅広く担当してもらう事が可能です。ビジネスニーズを理解し、仮説検証を繰り返して、単に研究で終わるのではなく実際のビジネスの価値まで作り上げて頂きます。
また、サービスの価値の根底である名刺データ化についても重要となり、如何にコストを抑え・早く・正しく・安全にデータ化するかのプロセスにおいてもAI技術を活用しています。その名刺データ化サービスを支える技術要素の研究開発にも従事していただきます。

AI技術とは幅が広いですが、大きく以下の3つのカテゴリの研究開発に取り組んでいます。


- 機械学習・データ分析(データサイエンス・データマイニング・データ解析)
・「スマートレコメンデーション」などの出会うべきビジネスパーソンのレコメンデーションエンジンの開発(https://jp.corp-sansan.com/news/2018/post-4274.html))
・法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」におけるデータサイエンスを活用したアプリケーション「Sansan Labs」の開発(https://jp.corp-sansan.com/dsoc/labs.html)

- 自然言語処理
・法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」におけるニュースレコメンデーション技術の開発
・個人向け名刺アプリ「Eight」におけるフィードの最適化エンジンの開発
・名刺のデータ化における表記ゆれの解消やテキスト項目の分割


- 画像認識
・ディープラーニングとOCRを活用した名刺のデータ化技術の研究開発
・スマートフォンアプリにおける名刺の即時データ化技術の研究開発(https://jp.corp-sansan.com/news/2018/post-4274.html))

また、責任者候補として、以下業務も行っていただきたいと考えています。
・経営視点から技術開発の方針を決定し、適切な予算配分の実施
・R&Dチームのマネジメント(各タスクの進捗管理、優先順位付け、人材育成等)
・外部と連携しつつ新たな機能開発・サービス開発の可能性を探るプロジェクトの推進

やりがい

名刺管理から始まっているサービスのため、名刺という属性(正確性、人脈の網羅性、属性情報)かつビジネスにおける人と人のつながりの情報に特化したデータベースは他に類を見ません。この特殊な領域のデータを扱いながら研究開発を行う事が可能です。研究開発部門のため、個人の強みを最大限活かして、幅広い裁量をもって仕事を行う事が出来ます。
また、データサイエンスのコンペティションプラットフォーム「Kaggle」において、全世界で100名程度しか存在しないGrandmaterの称号を保持する研究員も在籍しており、世界トップレベルのデータサイエンティストと切磋琢磨できる環境があります。
必須業務経験 【必須スキル・経験】
・チームマネジメント経験
・以下何れかの経験
 - 機械学習を用いた製品開発
 - データサイエンスを用いた分析・マイニング
 - 自然言語処理を用いた製品開発
 - 画像認識を用いた製品開発

【歓迎スキル・経験】
Python,R,C#, C++,Cの何れかの開発経験

【語学力】
日本語はビジネスレベル以上は必須となります。
年収 805 万円〜 1505 万円
資本金 110794万円
設立年月 2007年6月
所在地 東京都渋谷区
業種 メーカー
事業内容 クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売古く昔から使われてきたこの名刺の価値に着目し、 「引き出しに眠った名刺から新たな価値を生み出す」それがSansanです。
求人の有効期限
その他備考

求人ID

12926

企業名

Sansan株式会社

募集職種

【東京/責任者候補】機械学習・データマイニング・データサイエンスにおける研究開発員

職務内容

名刺とは単に連絡先の情報ではなく、ビジネスの出会いの場で交換される、人と人のつながりの証でもあります。所属している会社、部署や役職、地域といった属性情報に加えて、異動や転職によるキャリアの変化も含めたビジネスネットワークとして網羅性の高いデータに成り得ます。Sansanは独自の名刺データ化システムにより、ほぼ100%という高精度のデータベース構築を実現しています。この量、正確性、ユニーク性をもった情報は他社には類を見ないデータです。このデータを活用して未来の働き方に資する新たな価値を作り出すべく、機械学習・データマイニング・データサイエンスにおける研究員を大募集しています!

出会いのデータベースから何が価値として見いだせるのか、どうやって価値に繋げるのかを強みに応じて幅広く担当してもらう事が可能です。ビジネスニーズを理解し、仮説検証を繰り返して、単に研究で終わるのではなく実際のビジネスの価値まで作り上げて頂きます。
また、サービスの価値の根底である名刺データ化についても重要となり、如何にコストを抑え・早く・正しく・安全にデータ化するかのプロセスにおいてもAI技術を活用しています。その名刺データ化サービスを支える技術要素の研究開発にも従事していただきます。

AI技術とは幅が広いですが、大きく以下の3つのカテゴリの研究開発に取り組んでいます。


- 機械学習・データ分析(データサイエンス・データマイニング・データ解析)
・「スマートレコメンデーション」などの出会うべきビジネスパーソンのレコメンデーションエンジンの開発(https://jp.corp-sansan.com/news/2018/post-4274.html))
・法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」におけるデータサイエンスを活用したアプリケーション「Sansan Labs」の開発(https://jp.corp-sansan.com/dsoc/labs.html)

- 自然言語処理
・法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」におけるニュースレコメンデーション技術の開発
・個人向け名刺アプリ「Eight」におけるフィードの最適化エンジンの開発
・名刺のデータ化における表記ゆれの解消やテキスト項目の分割


- 画像認識
・ディープラーニングとOCRを活用した名刺のデータ化技術の研究開発
・スマートフォンアプリにおける名刺の即時データ化技術の研究開発(https://jp.corp-sansan.com/news/2018/post-4274.html))

また、責任者候補として、以下業務も行っていただきたいと考えています。
・経営視点から技術開発の方針を決定し、適切な予算配分の実施
・R&Dチームのマネジメント(各タスクの進捗管理、優先順位付け、人材育成等)
・外部と連携しつつ新たな機能開発・サービス開発の可能性を探るプロジェクトの推進

やりがい

名刺管理から始まっているサービスのため、名刺という属性(正確性、人脈の網羅性、属性情報)かつビジネスにおける人と人のつながりの情報に特化したデータベースは他に類を見ません。この特殊な領域のデータを扱いながら研究開発を行う事が可能です。研究開発部門のため、個人の強みを最大限活かして、幅広い裁量をもって仕事を行う事が出来ます。
また、データサイエンスのコンペティションプラットフォーム「Kaggle」において、全世界で100名程度しか存在しないGrandmaterの称号を保持する研究員も在籍しており、世界トップレベルのデータサイエンティストと切磋琢磨できる環境があります。

必須業務経験

【必須スキル・経験】
・チームマネジメント経験
・以下何れかの経験
 - 機械学習を用いた製品開発
 - データサイエンスを用いた分析・マイニング
 - 自然言語処理を用いた製品開発
 - 画像認識を用いた製品開発

【歓迎スキル・経験】
Python,R,C#, C++,Cの何れかの開発経験

【語学力】
日本語はビジネスレベル以上は必須となります。

年収

805 万円〜 1505 万円

資本金

110794万円

設立年月

2007年6月

所在地

東京都渋谷区

業種

メーカー

事業内容

クラウド名刺管理サービスの企画・開発・販売古く昔から使われてきたこの名刺の価値に着目し、 「引き出しに眠った名刺から新たな価値を生み出す」それがSansanです。

Copyright 2019 ウィンスリー|デジタル人材専門転職エージェント