デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

求人ID 10327
ウィンスリーより 電通デジタルは、広告業界大手の電通が2016年に設立したデジタルマーケティング専門の子会社です。電通グループが持つ巨大データやノウハウを活用できることや、統合3社それぞれの高い専門性が強みです。

クライアント企業に対してデジタルマーケティングに関わるコンサルティングから、開発、運用までワンストップサービスを提供。たとえば、クライアントのデジタルトランスフォーメーション支援、カスタマージャーニー分析やプラットフォーム開発を支援しています。

比較的大規模案件が多く、幅広い案件に関わる中で築ける人脈にも期待が持てます。これまでの経験・知見を活かし、さらにデジタルやマーケティングの領域で自己のキャリアやスキルを磨いていきたいという人におすすめできる企業です。

22時の完全退社、残業申請も厳しく徹底されています。ミッションに応じた評価制度があることや1on1面談で組織との相互理解が深まる体制が取られているのも特徴です。電通グループ基盤のため福利厚生は整っており、朝食は無料で配布されています。語学学習やスキルアップの支援制度、技術やスキルのナレッジ共有サイトもあるので着実にスキルアップできる環境があります。
企業名 株式会社電通デジタル
募集職種 デジタルマーケティングアナリスト
職務内容 Webサイト行動データ、広告接触データ、メール反応データ、アプリ利用データなど、デジタルマーケティングに関するさまざまなデータの統合的な分析により、戦略策定や施策最適化を支援する役割をお任せいたします。

<具体的には>
・「Webサイト解析ツールによるサイト改善示唆抽出」など、シングルソースデータ にもとづく個別施策単位のPDCA業務
・「Webサイト行動データ+広告接触データ」など、マルチソースデータを個人単位で統合した分析よる、デジタルマーケティング全体の最適化業務
・個人単位の統合分析基盤としての、プライベートDMPの設計・構築・運用業務
必須業務経験 求める人材要件
以下いずれかに該当する方
・Webサイト解析ツール(GoogleAnalyticsやAdobeAnalyticsなど)を利用したWebサイト分析スキル、およびツール設定スキル(クライアントへのレポーティング業務の経験があれば尚可)
・広告・メール・アプリなど各種デジタルマーケティング施策に関するデータ概要の俯瞰的知識
・JavaScript、WebAPI、Cookieなど、「データの取得や連携に活用される基礎技術」の理解と実装スキル
・プライベートDMPの導入・活用スキル
・Tableau等のBIツールやSQLなど、データの統合・分析・可視化の実務スキル (※)「データサイエンティスト」ほどの高度な統計解析スキルは求めない

特に歓迎する経験
・デジタルマーケティング支援会社、ネット専業代理店、大手制作会社などにおける Webサイト解析ツール、プライベートDMP、BIツールなどを複合的に活用した 分析業務の経験、およびツールの導入設計・設定実務の経験
年収 360 万円〜 1500 万円
資本金 44000万円
設立年月 2016年7月
所在地 東京都港区
業種 マスコミ・広告・デザイン
事業内容 1.デジタルトランスフォーメーション関連サービス ・マーケティングプロセス革新 ・マーケティングエコシステム構築 ・マーケティングROI向上 ・エクスペリエンスデザイン 2.カスタマージャーニー関連サービス ・マーケティングオートメーション ・ウェブインテグレーション ・パフォーマンスマーケティング ・デジタル広告運用 ・ダイレクトマーケティング ・ソーシャルメディアマーケティング ・コンテンツマーケティング ・モバイル/アプリマーケティング ・CRMソリューション ・ECソリューション 3.テクノロジーとデータ関連サービス ・データプラットフォーム/マーケティングプラットフォーム構築 ・マーケティングテクノロジー/AI/IoT関連サービス デジタルテクノロジーの進化が消費者の行動を著しく変化させている昨今、企業はこれまで個別に対応していたマーケティングプロセスの各段階を有機的に結び付け、効果と効率を最大化する取り組みに注力し始めています。 これに対応して、わが国の広告支出においては、インターネットメディアがテレビに次ぐ広告メディアへと成長しており、さらに、ITコンサルやビッグデータ分析、Eコマース支援など、広告市場には含まれないデジタルマーケティング関連市場が大きく拡大しています。 こうした状況を踏まえ、新会社「電通デジタル」はグループ各社と連携しながら、既存の広告市場はもちろんのこと、拡大中のデジタルマーケティング市場における需要の取り込みを加速させます。 具体的には、新会社はデジタルマーケティングに関する各種「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行支援」の機能を持ち、顧客企業のデジタルトランスフォーメーション支援、見込み客の発見と顧客獲得からCRMまでのカスタマージャーニーにおける統合ソリューションの提供、ならびにそれらを支えるプラットフォームの構築支援を行っていきます。 また、最先端のケイパビリティーを保有するための投資活動や技術開発に加え、デジタルマーケティング専門人材の獲得と育成を加速することで、名実ともにデジタルマーケティングにおけるリーディングカンパニーとなることを目指します。
求人の有効期限
その他備考

求人ID

10327

ウィンスリーより

電通デジタルは、広告業界大手の電通が2016年に設立したデジタルマーケティング専門の子会社です。電通グループが持つ巨大データやノウハウを活用できることや、統合3社それぞれの高い専門性が強みです。

クライアント企業に対してデジタルマーケティングに関わるコンサルティングから、開発、運用までワンストップサービスを提供。たとえば、クライアントのデジタルトランスフォーメーション支援、カスタマージャーニー分析やプラットフォーム開発を支援しています。

比較的大規模案件が多く、幅広い案件に関わる中で築ける人脈にも期待が持てます。これまでの経験・知見を活かし、さらにデジタルやマーケティングの領域で自己のキャリアやスキルを磨いていきたいという人におすすめできる企業です。

22時の完全退社、残業申請も厳しく徹底されています。ミッションに応じた評価制度があることや1on1面談で組織との相互理解が深まる体制が取られているのも特徴です。電通グループ基盤のため福利厚生は整っており、朝食は無料で配布されています。語学学習やスキルアップの支援制度、技術やスキルのナレッジ共有サイトもあるので着実にスキルアップできる環境があります。

企業名

株式会社電通デジタル

募集職種

デジタルマーケティングアナリスト

職務内容

Webサイト行動データ、広告接触データ、メール反応データ、アプリ利用データなど、デジタルマーケティングに関するさまざまなデータの統合的な分析により、戦略策定や施策最適化を支援する役割をお任せいたします。

<具体的には>
・「Webサイト解析ツールによるサイト改善示唆抽出」など、シングルソースデータ にもとづく個別施策単位のPDCA業務
・「Webサイト行動データ+広告接触データ」など、マルチソースデータを個人単位で統合した分析よる、デジタルマーケティング全体の最適化業務
・個人単位の統合分析基盤としての、プライベートDMPの設計・構築・運用業務

必須業務経験

求める人材要件
以下いずれかに該当する方
・Webサイト解析ツール(GoogleAnalyticsやAdobeAnalyticsなど)を利用したWebサイト分析スキル、およびツール設定スキル(クライアントへのレポーティング業務の経験があれば尚可)
・広告・メール・アプリなど各種デジタルマーケティング施策に関するデータ概要の俯瞰的知識
・JavaScript、WebAPI、Cookieなど、「データの取得や連携に活用される基礎技術」の理解と実装スキル
・プライベートDMPの導入・活用スキル
・Tableau等のBIツールやSQLなど、データの統合・分析・可視化の実務スキル (※)「データサイエンティスト」ほどの高度な統計解析スキルは求めない

特に歓迎する経験
・デジタルマーケティング支援会社、ネット専業代理店、大手制作会社などにおける Webサイト解析ツール、プライベートDMP、BIツールなどを複合的に活用した 分析業務の経験、およびツールの導入設計・設定実務の経験

年収

360 万円〜 1500 万円

資本金

44000万円

設立年月

2016年7月

所在地

東京都港区

業種

マスコミ・広告・デザイン

事業内容

1.デジタルトランスフォーメーション関連サービス ・マーケティングプロセス革新 ・マーケティングエコシステム構築 ・マーケティングROI向上 ・エクスペリエンスデザイン 2.カスタマージャーニー関連サービス ・マーケティングオートメーション ・ウェブインテグレーション ・パフォーマンスマーケティング ・デジタル広告運用 ・ダイレクトマーケティング ・ソーシャルメディアマーケティング ・コンテンツマーケティング ・モバイル/アプリマーケティング ・CRMソリューション ・ECソリューション 3.テクノロジーとデータ関連サービス ・データプラットフォーム/マーケティングプラットフォーム構築 ・マーケティングテクノロジー/AI/IoT関連サービス デジタルテクノロジーの進化が消費者の行動を著しく変化させている昨今、企業はこれまで個別に対応していたマーケティングプロセスの各段階を有機的に結び付け、効果と効率を最大化する取り組みに注力し始めています。 これに対応して、わが国の広告支出においては、インターネットメディアがテレビに次ぐ広告メディアへと成長しており、さらに、ITコンサルやビッグデータ分析、Eコマース支援など、広告市場には含まれないデジタルマーケティング関連市場が大きく拡大しています。 こうした状況を踏まえ、新会社「電通デジタル」はグループ各社と連携しながら、既存の広告市場はもちろんのこと、拡大中のデジタルマーケティング市場における需要の取り込みを加速させます。 具体的には、新会社はデジタルマーケティングに関する各種「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行支援」の機能を持ち、顧客企業のデジタルトランスフォーメーション支援、見込み客の発見と顧客獲得からCRMまでのカスタマージャーニーにおける統合ソリューションの提供、ならびにそれらを支えるプラットフォームの構築支援を行っていきます。 また、最先端のケイパビリティーを保有するための投資活動や技術開発に加え、デジタルマーケティング専門人材の獲得と育成を加速することで、名実ともにデジタルマーケティングにおけるリーディングカンパニーとなることを目指します。

Copyright 2019 ウィンスリー|デジタル人材専門転職エージェント