デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは、最高経営責任者や経営幹部(役員クラス)、またはそれに準ずるミドル層にあたる優秀な人材を外部からスカウトし自社に引き入れることを言います。
ヘッドハンティングは、企業側から直接依頼を受けヘッドハンターによって行われるケースが多く、また事前に企業から一定の報酬を受け取って行うケースと成果に応じて最終的に成果報酬での報酬を受け取るケースとがあります。
以前から日本においては、外資系企業が中心となってヘッドハンティングを行ってきましたが、昨今、日本企業もヘッドハンティングを積極的に活用するケースが増えてきました。

Copyright 2018 デジタルマーケティング分野の転職・中途採用ならウィンスリー