デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、始業~終業の就業時刻を従業員自身で決定できる制度のことを言います。一日の中で必ず就業する時間(コアタイム)が定められ、その前後にはいつ出社または退社できるフレキシブルタイムが設定されます。
コアタイムは必ず必須ではなく、就業時間全てがフレキシブルタイムとなることもあります。
一ヶ月以内の期間内(清算期間)における総労働時間があらかじめ定められており、清算期間全体で労働時間の総枠(定められた総労働時間)を超えた場合にのみ時間外労働が成立することになります。
従業員は自分自身の生活と仕事そして心身のバランスを図りながら効率的に働くことができ、昨今、業務が多様化してきた最近では採用する企業も多くなってきています。

Copyright 2018 デジタルマーケティング分野の転職・中途採用ならウィンスリー