デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

デジタルデータの活用事例(B-03)

デジタルデータと言ってもデータには一つ一つ明確な意味があります。とりあえず使えそうなデータは集めておく考えもありますが、何をしたいかによって必要なデータは変わり、逆に必要ないデータは混乱を招きノイズ化することもあります。デジタルデータを活用し成功した事例を紹介し、そこからなぜ成功したのか紐解き、データ取得から環境整備、目的達成まのでプロセスまでデータ活用方法まで学べます。

講座名 デジタルデータの活用事例(B-03)
カテゴリ デジタルマーケティング
時間 90分(質疑応答含む)
講座内容 デジタルデータと言っても世の中のデータ種類は多岐に渡ります。データの取得方法も異なり、取得データを使って何をしたいのかによっても活用方法も異なります。
この講座はデータ種類の理解し、目的に対してどう言ったデータが必要で最終的にアウトプットするデータ構築について学んでいただきます。
対象者 ・データプランナー、データアナリスト
・ITプランナー、プロダクト開発者
・マーケティングプランナー
プログラム 現時代に活用されているデジタルデータとは?
 ファースト、セカンド、サードパーティデータ、プライベートデータ、インサイトデータ、解析データ、ロケーションデータ等
デジタルデータを活用事例
データを有効活用する為の設計方法について
 ー失敗例、成功例の違い
データベンダーとDMPベンダーの違い
質疑応答
Copyright 2018 デジタルマーケティング分野の転職・中途採用ならウィンスリー