デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

面接の準備

面接の準備

20480364 - job interview in the office with focus on resume and pen

「面接対策」 が意味するところを正しく認識して、甲斐のある努力をすべき!

おそらく、「面接対策」 という言葉から皆さんが思い浮かべる内容と、私たちが考えるそれとでは相違があると思うのです。たとえば、質問の傾向を熟知して模範解答を言えるようにすることや、よどみなく自信を持って答えられる態度のつくり方などが、他の転職サイトでは案内されているようですね。もちろんそれができて損ということはないでしょう。しかし、もしそれが本来の自己ではなく、その場限りの自己であったらどうなるのでしょうか?私たちは常に、もっとも大切なのは入社後であると考えています。

 

どの企業、候補者でも面接回数は固定、それぞれ異なる人間が担当するので「欲しい人材像」 がぶれていく危険性がある

「うちの会社を知らないんですよね…」 。これは、いわゆる失敗となった面接後に人事担当者から時折聞く言葉です。そんなこと言ったら、人事だってこちらのことを知らないではないか、面接で互いに初めて会うのだから、そこから深く知り合えばいいのでは?…なんてことを、考える転職活動中の方はまさかいないと信じていますが、実際笑い話ではなかったりすることも。声を大にして言いたいのですが、「面接とは、それまで得てきた情報をもってして、入社後の具体的な想定を働かせられるか確認する」 場なのです!もう少し詳しくみてみましょう。

ウィンスリーのご紹介ステップは、他社にはなかなかないものだと思いますが、規定のフォーマットは存在しません。まず、企業がどれだけ早期に採用したいのかなど、それぞれの事情と採用背景を考えます。同時に、候補者の方の適正として、誰に引き合わせればその方の良さを引き出せるか、見抜けるか、などを考え、企業と候補者のベストな面接をプログラムすると言えばわかりやすいでしょうか。つまり、何よりも最初に私たちが双方の入手可能な情報を得て、双方に合わせた採用ステップを構築しています。当社の特徴として、企業側窓口と、候補者側窓口を同じ人間が担当するので、ここに情報の齟齬が生まれにくく、もっともダイレクトに 「必要な人材像」 を理解することができています。他社ではおおむね、企業側窓口と候補者側窓口は異なる人間が担当しています。
そのため、候補者へ私たちは 「準備」 の必要性を強く示しています。要するに、面接対策とは念入りな事前準備だということです。

 

過剰な「お化粧」は不要、企業と候補者の間にある「需要と供給」の下調べこそが重要!

その準備とは、具体的にどういったことでしょうか。たとえば、決算報告書を読むことなどは、やっておいて損はありません。企業のホームページすら見ないで面接に臨んだという、ある意味ツワモノの話を人事の方から聞いたこともありますが(笑)、それくらいの興味関心も起きない会社でどうやってこの先、働いていく気なのか、反対に聞いてみたいくらいです。また、デジタルにおけるクリエイティブな事例で、どういったものが最近気になったのか?などの質問にもまったく答えらえない人もいる。面接相手ではない、他社事例でもいいのです。何もないというよりはきちんと業界を見ていることがわかります。

当社では、ある程度の資料を提供することが多いのですが、そうした、提供された場合でも手をつけないという人がまれにいます。もちろん、そうした方が企業への紹介ステップに乗ることはありません。とはいっても、当社にお越しになる方は非常に真面目な方が多いです。さらに、社会的な動き、経済状況などにも通暁していて、日ごろから自己研さんに努力をしていることを感じられる方たちです。
いかがでしょう。面接対策とは、うわべを飾ることではないのです。当社ではテクニックにおける練習はしません。なぜなら、いきなり初対面でお見合いになるような進行はしないからです。企業側は確認したいことが明確であり、私たちはそれを事前に候補者から引き出し、企業側へ事前に入念にインプットしておきます。だからこそ、真の面接対策とは需要と供給の理解に他ならないのです。

Copyright 2017 デジタルマーケティング分野の転職・研修なら「ウインスリー」