• TOP
  • News & Topics
  • 【注目求人】メディアビジネス基盤開発局・グループシステム情報センター|博報堂DYメディアパートナーズ

News & Topics

2022.07.07

【注目求人】メディアビジネス基盤開発局・グループシステム情報センター|博報堂DYメディアパートナーズ

博報堂グループにおいて、メディアコンテンツ事業の中核を担う博報堂DYメディアパートナーズ。今回は、同社が採用を強化している「メディアビジネス開発基盤局」と「グループシステム情報センター」の求人情報をご紹介します。

博報堂DYメディアパートナーズのメディアビジネス基盤開発局とは?

博報堂DYグループは、2022年4月にグループ内のテクノロジー開発体制と基盤整備を強化するため、テクノロジー専門会社「博報堂テクノロジーズ」を設立しました。

博報堂DYメディアパートナーズの「メディアビジネス基盤開発局」は、博報堂テクノロジーズ内の「メディアDXセンター」と同じ組織です。

テクノロジー基盤を充実させることで、生活者データを活用したフルファネルマーケティングを実現することをミッションとし、現在「AaaS(Advertising as a Service)」のビジネス戦略を実現するための開発領域を推進しています。

AaaSとは、博報堂グループが掲げる広告メディアビジネスの新たなモデルです。「広告を売る」という従来のビジネスモデルから、データ✕システム✕アルゴリズム✕人により広告の「効果」を売るモデルへの転換を意味し、広告の「サービス化」を図っています。

具体的には、生活者データ、メディアデータ、マーケティングデータを同一基盤の中で共通管理し、様々なデータ間の連結分析を可能とすることで、プランニング・バイイング・モニタリングの各領域を連携させることを目指しています。

メディアビジネス基盤開発局の求人情報

メディアビジネス基盤開発局では、以下の2つのポジションを募集しています。

1. AaaS開発推進プロデューサー

AaaS開発推進プロデューサーは、メディアビジネスのDX(AaaS)を実現するための開発、ならびにソリューションやプロダクトの浸透を図るポジションです。

新たな総合広告代理店のあり方を模索、形成するためのチャレンジングな職務を担います。

AaaS開発推進プロデューサー
必要な経験・スキル 総合広告代理店でのプランニング経験、もしくはソリューション/ビジネス開発経験
・デジタル専業代理店でのプランニング経験、もしくはソリューション/ビジネス開発経験 など
魅力 開発系/ビジネス系を問わず多様な専門人材が在籍しているため、あらゆる種類の業務にチャレンジでき、大きな成長を見込める
こんな方にオススメ ・社内外の関係組織と連携しながら業務をリードできるコミュニケーション能力の高い方
・日々新たに生まれるテクノロジーや製品に対し、常に最新動向をキャッチアップしようとする好奇心がある方 など

2. AaaSデータサイエンティスト

AaaSデータサイエンティストは、メディアビジネスのDX(AaaS)を実現するためのソリューションでコアとなる、アルゴリズム・コンテンツの開発を担うポジションです。

ソリューション・基盤アルゴリズム開発だけでなく、データ/テクノロジーを用いたメディアコンテンツ開発案件も担当します。

AaaSデータサイエンティスト
必要な経験・スキル ・Pythonによる機械学習モデリング/最適化/確率統計実装スキル
・BigQueryなどを用いたデータ抽出/集計スキル など
魅力 ・部員全員が高度な機械学習スキルを有しており、積極的にデータ分析コンペに参加できる
・自身の関わった案件がTV番組やイベントなどを通して世の中に出る機会がある環境
こんな方にオススメ ・メディアコンテンツに関する興味関心のある方
・マーケティング全般に関する興味関心のある方 など


博報堂について問い合わせる

グループシステム情報センターとは

グループシステム情報センターは、博報堂、大広、読売広告社、博報堂DYメディアパートナーズ、およびDACの情報システム部門です。一般企業の情報システム部門とほぼ同じ役割を持っています。

商用サービスではなく社内向けシステムを対象とし、グループの競争優位性やユニークさを作り出す基幹システム・IT環境への変革を目指しています。

また、従業員が働きやすいIT環境の構築や、セキュリティインシデントへ迅速に対応できるグループITガバナンスの推進も、同センターが重視するテーマです。

グループシステム情報センターの求人情報

グループシステム情報センターでは、博報堂DYグループの経営戦略に即したIT戦略の立案や、社内情報システムの全体構想の立案などを担う人材を募集しています。

IT戦略や構想立案のほか、博報堂グループで利用するIT基盤(通信ネットワーク、コンピュータ、クラウドサービスなど)や業務アプリケーションの企画、導入および運用におけるプロデュース業務なども行います。

グループシステム情報センター要員
必要な経験・スキル ・ICTに関する実務経験(3年以上)に加え、以下のいずれかの経験
・一般企業の情報システム部門での業務経験
・コンサル、SI会社、ICT関連会社で、IT関連、経営情報、サイバーセキュリティに関する業務経験もしくは一般企業向けにIT施策の提案を行った経験
魅力 「グループの競争優位性・ユニークさを生み出す」基幹システム・IT環境への大変革を目指しており、IT人材として大きく成長できる環境がある
こんな方にオススメ ・広告ビジネスや広告コミュニケーションに興味関心がある方
・ITのプロとしての意識を持ち、ITの最新技術を積極的に学ぶ意欲がある方 など

博報堂DYメディアパートナーズへの転職ならウィンスリー

今回は、博報堂DYメディアパートナーズが採用を強化している「メディアビジネス基盤開発局」「グループシステム情報センター」について、求人情報や業務内容をご紹介しました。

同職への転職をご検討の方は、ウィンスリーまでお気軽にご相談ください。


博報堂について問い合わせる