• TOP
  • News & Topics
  • 博報堂が求めるデータサイエンティスト/データストラテジストとは?最新情報から読み取る転職

News & Topics

2021.06.22

博報堂が求めるデータサイエンティスト/データストラテジストとは?最新情報から読み取る転職

博報堂の新規軸「博報堂DXユナイテッド」

博報堂といえば、電通に並ぶ大手広告代理店として知られており、TV雑誌新聞などに加えてネット広告事業を展開している印象が強いかと思います。

しかし、最近では広告領域以外もソリューションとして提供しているのです。

それが「博報堂DXユナイテッド(HAKUHODO DX_UNITED)」です。

博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、DACの3社によって形成される横断戦略組織で、各社のクライアントのDXを、マーケティングとメディアそれぞれの側面で加速的に推進するために発足されました。

そこで、今回はこの博報堂DXユナイテッドの発足に伴って、博報堂が採用を強化する2つのマーケティング職種、「データサイエンティスト」と「データストラテジスト」についてご紹介します。

博報堂が求めるデータサイエンティスト

まずは、博報堂がこの度、採用を強化したデータサイエンティスト。

データサイエンティストという職業自体は、DXやデジタル化が進んでいる昨今、一般でも普及しつつあります。

しかし、データサイエンティストに求められることやニーズなどは、会社によってそれぞれです。

そこで、ここからは博報堂が求める2種類のデータサイエンティストについて、詳しく見ていきましょう。

ミドルデータサイエンティスト

まずは、ミドルデータサイエンティストです。

こちらは、世間一般で言われているデータサイエンティストに近いポジションです。

また、機械学習エンジニアとして活躍されている方でも、一部当てはまる場合があります。

主に、データエンジニアリングを手段として、社会の現象解明とクライアントのビジネス課題に取り組むような立場です。

仕事内容

今回博報堂が募集するミドルデータサイエンティストの仕事内容は、主にこの2つです。

マーケティング全体診断・予測・処方

まず、生活者の認知や行動に影響を与えるマーケティング活動の全体像を、数理モデルを構築して分析することがあげられます。

計量経済学や認知化学に関する知見と、機械学習・シミュレーション技術を活用することが不可欠。

比較的難易度の高いアウトプットが求められますが、今はまだ貴重なDXマーケティングのスペシャリストとして、自身の経験とスキルを最大限に活かすことができるでしょう。

データサイエンス・AIを活用したサービスのプロトタイピング

せっかくモデルを作成しても、クライアントの経営課題の解決に繋がらなければ意味をなしません。

数理モデルを、一連のマーケティング活動を支えるクラウドコンピューティングのパイプラインに組み込んで活用にもっていくことも、ミドルデータサイエンティストの仕事です。

また、最終的には、クライアントが分析・改善行為を自力で対応できるように、運用・分析の自動化を目指すことも求められています。

そのため、定常の課題分析と並行して、出力された情報をいかにクライアントが扱いやすい状態を作り出せるかという点にも注力が必要です。

求められるスキル

ミドルデータサイエンティストに求められるのは、分析スキルなどはさることながら、何より重要なのがマーケティング全体の視点をもつ力です。

有名企業である博報堂のマーケティング部門の大きな部分を担うことが求められます。

サービスとしてマーケティング活動を行っていくようなポジションに、俯瞰的な視点は不可欠です。

求人詳細はこちら

ジュニアデータサイエンティスト

続いては、ジュニアデータサイエンティストです。

先ほどご紹介したミドルデータサイエンティストに対して、「ジュニア」とつくように、このジュニアデータサイエンティストは、今後のポテンシャルを見越したポジションです。

具体的には、既にある程度のデータサイエンティストに近しい業務経験やスキルを持ち合わせていることを前提として、入社後にさらなるスキルやナレッジの向上が求められています。

仕事内容

それでは、ジュニアデータサイエンティストの代表的な仕事内容をいくつかご紹介します。

マーケティング・コミュニケーションの効果検証

まずは、マーケティングミックスモデリングなどの手法を用いた効果検証です。

企業の売上や、広告出稿、アプリのアクセス状況、認知指標の推移といった時系列データをもとに、マーケティング・コミュニケーション活動を診断する数理モデルの構築が求められます。

広告・CRMにおけるターゲティング

続いては、機械学習・データマイニング・多変量解析などの手法を用いて、企業の購買履歴やWebサイト、アプリ利用状況、広告配信・接触状況といったデータをもとにした、広告・CRM施策の効果を高める予測モデルの構築です。

原因・課題分析のみならず、マーケティングスキルをもって将来の見通しを立てることによって、事業計画をより鮮明にする役割があります。

こんな人にオススメ

博報堂のジュニアデータサイエンティストは、今時点でのスキルや経験には囚われず、これからデータサイエンティストとして、活躍したいという向上心が何より大切です。

最終的には、ミドルデータサイエンティストとして、マーケティング全体を見れるような広い視野と、類まれな分析スキルを身に着けられるように、実務を通して様々なことを吸収していきましょう。

求人詳細はこちら

博報堂が求めるデータストラテジスト


続いてご紹介するのは、データストラテジストというポジションです。

データサイエンティストとは少し異なり、一般的にはAIコンサルタントやビジネスコンサルタントなどの職種にも重なる分野になります。

リサーチャーとして自分で手を動かして分析をしていくというスキルよりも、クライアントに近いところでAIやデータ分析の活用をすることを想定しています。

仕事内容

今回、博報堂が募集するデータストラテジストの仕事内容は、主にこの2つです。

データ分析・AI活用プロジェクトの設計・マネジメント

まずは、得意先企業のビジネス課題を分析し、適切な分析アプローチやモデリング手法を選した上で択、分析・AI活用プロジェクトを設計することです。

分析という点においては、前述のデータサイエンティストと近い役割になりますが、データストラテジストは、それに加えてマネジメントの領域も求められます。

データサイエンス・AIを活用したマーケティング施策開発

続いて、作成したモデルを活用して、得意先企業のマーケティング活動に対して有効なマーケティング施策に資する施策プランニングを行うことも求められます。

こんな人にオススメ

データストラテジストに関しては、分析スキルを持ち合わせていることは前提として、クライアントとのコミュニケーションも多く発生することから、対外的な仕事に対して前向きに取り組める人材が推奨されます。

求人詳細はこちら

博報堂のデジタル注目求人3選!

注目案件1:デジタルアカウントディレクター

直接クライアントと向き合い、デジタルメディア戦略の立案から提案、実行までをお任せします。
クライアントのデジタルメディアの全体プロデュースを担うポジションです。

望ましい経験

  • デジタル専業代理店でのデジタル広告の営業経験またはコンサルタント経験
  • 総合代理店でのデジタル広告担当の営業経験またはコンサルタント経験
  • デジタル広告関連会社での業務経験
  • 事業会社でのデジタル広告担当経験
  • 総合代理店での営業経験

年収

5,000,000 円 – 12,000,000円
※各種規定に基づき昇給

注目案件2:デジタルビジネスプロデュース

担当クライアントに対する、マーケティングおよびコミュニケーション戦略全体のプロデュース・提案営業をお任せいたします。
単なる「広告制作」の機能を果たすのではなく、クライアントの事業や経営に深く踏み込み、マーケティング全体の戦略を描き、実践していくことが求められるポジションです。

望ましい経験

  • メディアバイイング、メディアプラニング、ダイレクト系デジタルメディア担当の経験
  • Google Analytics、Adobe Analyticsなどのツール経験
  • デジタルメディアの運用経験
  • WEB領域のROAS運用、アプリ領域のCPA運用orROAS運用の経験

年収

8,000,000 円 – 12,000,000円
・年俸制(分割回数12回)
└基本給320,000~420,000円/月
└裁量手当198,882~280,000円/月(就業規則に則った時間外手当を含む)
└賞与(業績連動:年1回、6月)については上記年収に含まれる

注目案件3:テクニカルディレクター

テクニカルディレクターは、生活者がサービスを気持ちよく使い続けられるエクスペリエンスと、クライアントが生活者へ提供するサービスやビジネスをテクノロジーでアップデートする役割を担うポジションです。
クリエイティブやテクノロジーだけといった事業領域にはない多様な職種・才能との「出会い」や「協業」により、成長が促進されます。

望ましいスキル

  • デジタルマーケティング(初期集客/グロース/CRM)
  • IMCプランニング
  • ビジネスプランニング
  • セキュリティ/個人情報保護

年収

8,000,000 円 – 12,000,000円
・年俸制(分割回数12回)
└基本給320,000~420,000円/月
└裁量手当198,882~280,000円/月(就業規則に則った時間外手当を含む)
└賞与(業績連動:年1回、6月)については上記年収に含まれる


ウィンスリーに転職相談をする