デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

デジタルマーケティング研修事業

デジタルマーケティング研修(デジタルマーケティングカレッジ)について

この業界・ポジションの需給ギャップはますます広がるばかりです。

採用の紹介をおこなっていますと、下記のような悪循環が生まれ、企業様にとっては深刻な組織の問題が出てきています。
ウィンスリーでは、採用のみのサポートではなく、既存社員、並びに、新しく入られた方へ「デジタルマーケティング研修(通称:デジタルマーケティングカレッジ)のご提供をおこなっています。
業界第一線で昔からご活躍されている方を講師に招き、業界・商品知識や慣習などの研修をやらせていただいております。

 

 

現場のOJTや教育体制が逼迫しており、かつ 専門性高い「デジタルマーケ分野」の研修事業を、

社内で構築することや、一般的な研修会社で構築することはかなり困難です。

企業の担当者様で、研修事業にご興味ある方は、こちらよりお問い合わせください。

 

 

<こういった悪循環はありませんか>

①採用担当者の声

●売上拡大、ビジネスモデルの変更に伴い

→中途採用ニーズが急増!

→しかし、採用競争激化で人が取れない、、

→一方、既存優秀社員の転職も目立ってきた、、

→だから、即戦力が必要! だけど、もっともっとそんな人は取れない

→仕方ないので、即戦力ではなく、「未経験」でも良さげな人を取る

→しかし、更に忙しくなった現場では教育体制の整備がない

→結果、人だけが増え、更に多忙になった現場社員は、転職を考え始める、、

→既存の社員が抜け始めて、残ったのは新しく入ってきた方が相対的に多くなる

→結果、組織も業績もネガティブな方向に。。。

★OJTのアウトソースとしてデジタルマーケティング研修の利用

 

 

②デジタルマーケティング担当の声

●うちの会社もデジタル中心の組織にしたい

→社内向けにデジタルトランスフォーメーションの啓蒙をおこなう

→若手の理解は取れてきた、但し、上層部が、、

→上層部のデジタルへの理解が進まず、現場の採用予算、投資予算が無い。。

→社内調整に疲弊し、デジタルトランスフォーメーションが進んでいる会社に転職。。

★上層部へのデジタルマーケティング啓蒙のために研修を利用

 

 

お問い合わせは、こちらよりお願い致します

Copyright 2017 デジタルマーケティング分野の転職・研修なら「ウインスリー」