デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

山口 武洋

何かを成し遂げたい時こそ、人脈がモノを言う

山口武洋(ヘッドハンター)

元電通系デジタルメディアチーム/元大手事業会社 人事

2000年早稲田大学教育学部卒業。新卒で株式会社有線ブロードネットワークス(現 株式会社USEN)に入社、人事採用に従事。その後株式会社サイバーコミュニケーションズにて、草創期のインターネット広告業界におけるメディアバイイングから企画・営業まで広く従事。その後株式会社電通にて常駐勤務し、ナショナルクライアントのインターネット広告初出稿やインターネット広告年間予算の獲得など、上流過程にも携わる。

その後堀江貴文氏との出会いをきっかけに、株式会社livedoorに入社。今度は媒体社の立場で広告枠の開発や草創期のコンテンツマーケティングに従事。

事件後退職し、複数のベンチャーにて新規事業の立ち上げや部門のマネジメントに従事。

その後クリエイティブエージェンシーで営業、プロデューサーとして数多くの案件に従事。現在に至る。

どの転機にも出会いがあった

まずUSEN宇野社長との出会いは私の人生で大きな転機となりました。学生時代、毎日のように就職活動で説明会や面接にのぞんでいましたが、なんとなくしっくりこない。しかし、宇野さんの「自分たちの力で成し遂げるんだ!」という意志の強いプレゼンテーションに強く惹かれました。THEサラリーマンを求める企業が多い中、当時のUSENは色々ありましたが「共に成し遂げよう!」と社長がバイタリティたっぷりに語る会社は私には新鮮に映りました。面接でも品定めというよりは、可能性を見ていただけていたのがわかりました。

その数年後、私の人生の中で最も大きな衝撃を受けた方と出会います。それが堀江貴文さんです。最初の出会いは合コンだったんですが(笑)。彼はとにかくモテていた。女性だけでなく男性も彼の話に夢中になるんです。ある事がらに対して、ちょっと違う視点で語るだけで、人は彼の話術に引き込まれたようでした。しかし、実際オフィスで会うと、効率の鬼でしたね。ある課題に対してまっしぐら。周りのことはどうだっていいから、なんとしても成し遂げる、そんな強い意志がありました。一切の妥協は許さなかったですね。

他にも多くの素晴らしい出会いはありましたが、一緒に働いてみたい!と強烈に思わせる方はそう多くないと思います。

webマーケティングの理解と人脈は広ければ広いほどいい

マーケティングはもともと日本ではあまり重要視されてきませんでした。テレビで視聴率の高い枠に掲載したり発行部数の多い雑誌に掲載すれば大部分をカバーできていたからです。しかし、インターネットが普及し、今ではIoTと言われるように、様々な場面でデジタルの活用がマストになってきました。これからは「◯◯だけやっていればいい」という仕事はどんどん減ってくると思います。

webマーケティングにおいては、事例を常にチェックし、新たなテクノロジーや手法を取り入れたりし、それを提案したり実施できるようなフットワークも求められるでしょうし、実施後に取得できるデータを活用しさらなる効率化や他企業との連携なども視野に入れていかなければなりません。

しかし、私の経験則になりますが、今まで仕事で結果を残せた時は、自力で突破したりツールを完全に使いこなせた時ではなく、素晴らしいスタッフや人脈に恵まれ、同じ目標に突っ走れる人と一緒にできた時がほとんどです。それは社内外問わずです。

転職が成功したといえるのは、その転職先で結果/実績を残せた時だと思います。私は10社程度の職歴があり、その全てで成功してきたわけではありません。ただ、数多くの分野で活躍している方との出会いや人脈のおかげで成功した仕事があるということはまぎれもない事実です。

その部分をより多くの方にお伝えできればと思っています。

得意な領域:

広告、デジタルマーケティング全般

クリエイティブ、企画領域

メッセージ:

とにかくアツい方とお会いしたいです。

広告・クリエイティブをベースにしながらも、デジタルを活用したり、他業種と組んだり、など幅広い場で活動したい!という方も大歓迎です。

プライベートな過ごし方:

サーフィン、ワークアウト、フットサル、野球など、ひたすら体を動かしていますね。

サーフィンはインストラクターの資格を持っています。

案件・キャリアのご相談はこちら

Copyright 2017 デジタルマーケティング分野の転職・研修なら「ウインスリー」