デジタルマーケティングの求人・転職なら【ウインスリー】

小山田 充

垂直成長機会数の最大化によって潜在能力が研ぎ澄まされる。

小山田 充(ヘッドハンター・コンサルタント)
元リクルート、元電通デジタル企業マネージャー

▼2003年

広告業界に入り、大手通信会社をメインにコンテンツ企画から制作ユニットのマネージメントを行う。

▼2006年

現国内最大級トレーディングデスクの創業メンバーとして参画し、執行役兼アドネットワーク運用型広告の営業、コンサルタント、運用を担当。

▼2009年

電通グループデジタル企業にてメディア部門マネージャー兼DSPプロダクト責任者として、コンサルティング、プランニング、オペレーションまでの一連業務設計を構築。

▼2013年

株式会社リクルートコミュニケーションズにて、事業戦略及び推進、商品設計策定を行う。

▼2017年

独立と共にウインスリーに参画。

時代の変化に対応ではなく、適応する事が当たり前な時代に

テレビ、新聞、雑誌、ラジオと言ったマス4媒体から情報を得ていた時代から、インターネットが普及しデバイスが多様化され消費者の行動まで変わり、今やIOTやテクノロジーが進化し広告業界も釈迦に説法かもしれませんが飛躍的な成長を成し遂げています。特にスマートフォンが世に出てからは多彩なアプリケーションがリリースされ、消費者の生活もひと昔に比べたらスマート化され、更にこの先人工知能が当たり前な時代になり益々便利な世の中になる時代が目前に迫っております。その一方、消費者行動変動に合わせて情報を伝えたいクライアント様は試行錯誤してプロモーション戦略を企てておりますが、ナレッジ蓄積や人材育成に課題を抱いているケースが多く、資産化への問題に直面しており組織改善、業務改善と言った労働改革が見直されています。

ダイバーシティーな働き方でワークライフバランスも充実

組織で取り組む事(制度)と個人で取り組み事(自発)の2つに分けた場合、前者は制度による義務化になりますが、後者は特に「計画性」や「生産性」自ら自走する事が肝になってきます。

計画的に生産性高く業務を行う事により、今まで作れなかった余暇時間を作る事ができ、自己研鑽に使えたり、趣味に費やしたり、家族の時間に使えたりできる為、時には思いっきり寝たりし有効的な時間が使える事になります。つまり、余暇時間を作り使う事で仕事もプライベートも充実するスパイラルが創出されるのです。

「もっと大きいな仕事がしたい!」

「私はこれだけは誰にも負けない!」

「私はこれがやりたい!でも今は・・・」

「まだやりたい事がなかなか見つからない・・・」

など、十人十色、千差万別です。過去は変えられません。でも未来は自分次第で変えられます。

私は皆様の5年後を見添えてキャリアプラン設計のお手伝いから、新たな環境での輝く姿を想像してベストなご提案をさせていただきます。

そして皆様が新たな環境で垂直成長ができ、更に今まで感じなかった潜在能力を実感できている事が私の想いです。

 

得意な領域

・事業戦略及び推進、デジタルマーケティング戦略及び推進

メッセージ:

仕事はゴールから逆算して建設的に!そして「Let’s fun Work!」

プライベートな過ごし方

・週末はサーフィンで自然を満喫しています。サーフィン歴は19年。

・ほぼ毎日自炊。魚料理を得意として頻度高く築地に買い出しに行き、
調味料もお店並みに取り揃え本格的に調理してます。

案件・キャリアのご相談はこちら

Copyright 2017 デジタルマーケティング分野の転職・研修なら「ウインスリー」