企業を使った自己実現の道を説く
怜悧な論理でキャリアを視覚化するビジュアライザー

新里 純司 (コンサルタント)

大学卒業後、ジェイフォン関西入社。営業、データ分析に携わる中、会社自体もボーダフォンから現ソフトバンクへと変遷するという稀有な環境下で幅広い経験を積む。その後、ネット広告のメディアレップ大手のDAC㈱にてモバイル広告の新規事業等を担当、情報システムの社内管理運用から営業までサービスの仕組みとセールス共に深く従事。その後、自身の持ち込み企画をベンチャー企業のスターフェスティバル㈱へ持ち込み、新規事業を立案し運営まで幅広く担当した。2016年、ウィンスリーへ参加。

組織の規模に基づく意思決定階層の仕組みを熟知
実務経験から導き出した理論体系が、最たる財産として胸に光る

 当社のコンサルタントのほとんどが、人材業界の出身者でないという点は非常にユニークかと思いますが、例にもれず私も人材業界に従事したことはありません。しかし、勤務した企業規模を見ると、大手グローバル企業、ネット広告代理店、ベンチャー企業といったそれぞれ独特と言える環境でしたし、担当した職種、業務を見ても多彩でした。特徴的なのは、「サービスの仕組み部分に触れつつ、それをセールスしてくる」 という、生み出すこと、世に広めることの一貫した流れを広く担当できたことでしょう。このことは、企業がどんなビジョンと理想をもってリソースを使い、各部署と連携しながら自社製品を開発していくのか?という部分を仕組みと運用によって理解しつつ、さらにその利点を誰に届けるべきか?を把握して売り込んでいく、という企業の一連の営利活動のすべてをダイジェストで体験したと言えると思います。要するに、「需要と供給」 を一つの流れの中で理解できる立場だったということ。

もう一つの側面で言うと、各業界の、非常に初期にあたるフェーズに携われたということは、現在において振り返ると大変興味深い考察ができたりします。というのも、携帯電話を一人一台持ち始めたその時期、まだネット接続以前の頃です。そこで個人データとかろうじてつながる業務というのは、音声ダイヤルサービスや留守番電話サービスです。スマホ全盛の現在では、それらサービスがどのようなもので、どのように運用されていたかを知る人も少ないかもしれません。しかし、確実にそうした事業の積み重ねと市場があったからこその現在のスマホ市場へとつながっているのです。だからこそ必然的にネット広告への興味関心が強まり、未知の世界へ飛び込んでいきます。最終的に6年、この新しい業界ではどんどんチャレンジをさせてもらいました。DACは当時、かなり自由にやりたいことができる環境だったので、ニッチな業界に向けた新規事業を一から立案して提案、そのまま担当させてもらうなど、ここでは自らサービスを考案し実ビジネスにしていくというエキサイティングな経験をする醍醐味を味わうことができました。その後はもっとその点に特化したく、ベンチャーへ持ち込み企画をプレゼンして回って、ご縁をいただいた企業で自分のアイディアで事業を生み出すことも担当させてもらいました。

理論とビジュアライゼーションで、候補者のキャリアを読み解く
個人の適正を組織構造や経済メカニズムの観点で見極めたい

 それぞれの相違をはっきりと比較できるような環境下で、多彩な部署の仕事をしてきたこと、また働き方をも構築してきた経験は、候補者の方へ還元されゆく資産となりました。というのも、私は基本的に 「経験から知ったことは重要だが、知識として知っておけば無駄な轍を踏まなくていい。それこそが知恵だ」 と考えるタイプ。時々、自分でやってみなくてはわからない!とばかりに、無謀とも見えるチャレンジをして後のキャリアに残念な影響を与えてしまう方がいます。でも、コンサルタントは既に皆さんの先輩として、あらゆる成功体験と、そして同じ数ほどの失敗をしてきています。だからこそ、「失敗から教える知恵」 という視点でキャリア構築を考え、候補者の適正に沿った勤務先や仕事をとらえています。失敗が人を育てることはもちろんです。でも、しなくてもよい失敗はスルーしてしかるべき。だからこそ、私のコンサルティングは論理明快です。

自分のやりたいことを考えるとき、必須なのはそれを実現する企業規模、事業規模を併せてイメージすることです。企業には規模に応じた組織構造があり、自身のやりたいことをできる体制や土壌であるのかを知ることが欠かせません。企業規模によって意思決定の階層も異なるうえ、使える予算もまったく異なります。こうしたことを視野に入れて企業選び、また仕事選びをしないと、やりたいことができないばかりか、短期で退職をしてしまうなど、その後のキャリアに深く爪痕を残しかねません。

時間軸でキャリアを見つめ、35歳までの青写真を候補者とともに描きます。その際、転職市場や採用側事情を加味することで、実現可能なアクションプランを策定することができるのです。そして、35歳からのキャリアをどう歩んでいくのか?こうしたことを企業活動や経済のメカニズムから読み解き、状況を整理して視覚的に見せることが私の持ち味と言えるかもしれません。その人にもっとも合ったプランを一緒に考え、さらにはその先にある道の可能性を見せてさしあげたい。最終的に、私自身の経験がそれぞれの候補者の方の人生に、そんなふうに生きてつながっていけたらと思うのです。

得意な領域:

・大企業からベンチャーまで、あらゆる企業規模、職種を問いません。

メッセージ:

「企業」 を使ってあなたの自己実現を果たす方法を考えましょう。

プライベートな過ごし方

・もっぱらフットサル。ウィンスリーのメンバーともよくプレイしますよ!

案件・キャリアのご相談はこちら