オファーレター30万の違いが100万の違いになる??働き方改善が浸透中のデジタルマーケティング業界。気になる年収と残業の話

こんにちは。

デジタルマーケティング専門ヘッドハンティング会社 ウィンスリーのー三谷です。

今回は転職理由のトップ5に必ず入ってくる【年収】【残業】について、実際の事例を元にお話できればと思います。

結婚・出産・育児などが視野に入ってきたり、体力的に厳しくなってきたり、残業を減らしたいという方が非常に増えてきています。また一方で年収も上げていきたいと。。

先日ある女性の候補者様の例です。年収が400万円→430万円に少しアップしたケースでしたが、実際には【驚くべき変化】があり、大変喜ばれていました。

広告運用のスキル経験はだいぶついてきた。だから残業をできるだけ減らして、そして、年収も上げたい!

※仮称 高橋かなこさん(26歳・女性)/ネット専業広告代理店 運用兼コンサルタント

MARCH卒。新卒から大手ネット専業広告代理店で、運用コンサルタントとして活躍し、若手育成リーダーとして活躍の4年目。

大手〜中堅規模のクライアントを担当し、広告予算も数百万円〜数千万円まで幅広く運用している。年収は残業含めて400万円。

非常に多忙であり平日は残業が毎日。仕事も運用に関してはやりきった感があり、自身のスキル経験の幅がこのまま広がるのか不安な状況。。

転職のきっかけは、会社は残業を減らしていくと表向きは言いながらも、実際は改善の目途が見えなかったり、残業している人が評価されたり、、残業を減らしながらも、もっと評価されたい(年収を上げたい)、そんなオーダーがありました。

詳しくお話を伺ってみると、会社の中でも多くの重要案件を抱えていて利益創出に貢献しており、また、毎日遅くまで働いている実情を何とか改善したいと週末の時間を使って、Excelマクロの活用した作業の自動化を実現させるなどして、残業を大きく減らすことができました。

しかし、これが殆ど評価をされず、逆にもっと仕事を渡せそうだという判断になって、早く帰りにくい雰囲気を感じているという皮肉。

昇進昇格や表彰されている人の共通点が、遅くまで残業している人あるいは残業後に上層部と飲みにいく人が多かったりしているそうです。

こうした事は広告業界では当たり前と考えている人も多いかも知れないですが、とても古い考え方になってきています。

かなこさんの様なケースは非常に多くなっています。

特に広告運用なら代理店なら基本やることは似ていて想像できてしまいますので、残業も少なく、年収も高く、働きやすい雰囲気のほうがいい、そう思われるのは自然なこと。

今回は、その年収についてフォーカスしたお話です。

無事内定!しかし、「みなし残業制」とのことだけどどっちが年収アップするの??

かなこさんがいた ネット専業広告代理店A社から、総合広告代理店系B社に転職したケースです。

A社(ネット専業広告代理店)
・賞与は無し
・平均残業時間は60h
・月30時間までの見なし残業制(年棒に込み)
・標準労働時間は1日8時間
→ 残業込の年収が約400万円

B社(総合広告代理店系)
・賞与は有り
・平均残業時間は40h
・月30時間までの見なし残業制(年棒に込み)
・標準労働時間は1日7時間
→ オファーレターでは430万円

これをエクセルで可視化すると<表1>になります。
一見すると、月収1万円強アップに賞与分が追加されたくらいに見えます。

<表1>

でも実際にはオファーレターからプラス残業代が10h分付きます。
400万円→460万円のアップをしたことになります。

一方で月の勤務時間は40時間も減っているのです。
(1日の基準時間が1h短くなっている上に、残業時間が20h減っています)

<表2>

更にA社が今後、働き方の改善 を行って、残業を40hに抑制したら、どうなるでしょうか?
年収が360万円を切ってしまうことになります。そうすると100万円以上の差がつくことになります。

<表3>

A社からB社への転職をひも解くと、このような実態になっているのです。いかがでしたでしょうか?

企業としては、なるべくコストを下げて、売上利益を増やしたいというのが通常の企業活動です。前回も述べましたが、特に代理店の広告運用担当者は、大手でない限り中々条件は上がりにくい構造があります。

※前回のコラム

②【広告代理店 広告運用担当者編】AIになって職が奪われる!?いまやるべき5つのことと、3つのおすすめのキャリアの方向性とは?

残業は減って嬉しい半面、想定以上に年収が下がるとなるといろいろ考えものですよね。。

多忙な広告運用担当者の転職活動をひとりでおこなうのは困難。ウィンスリーにお気軽に相談を

ご自身の年収や残業が転職市場でどんな位置づけなのか?
改善する転職は可能なのか?

ご自身の転職活動では、それら数多ある情報をインプットする時間は中々無いのではと思います。弊社ではこのような転職を多くご支援していますので、若手のデジタルマーケティングに従事されている方は、お気軽にご相談いただければと思います。

広告運用担当者向け優良求人事例(2018年5月28日現在)

新着求人をピックアップいたします。

・大手国内航空会社/広告運用担当

大手国内航空会社ならではの抜群の福利厚生。主にグループのリスティング広告の運用をおこなっていただきます。広告運用を3年〜5年程度されていたジュニアレベルの方がマッチしそうです。

・大手外資系出版社/広告運用担当

ADサーバーへの広告設定、運用担当。 ※ジュニア~ミドルレベル希望
年収範囲:450~800万円程度/英語力必須。
SSP運用(パブリッシャーサイドでのProgrammatic AD運用)やADサーバーへの広告配信設定の経験があればベストですが、それに類する経験を持ち、スキル獲得に貪欲な方のポテンシャル採用も可。

・大手証券会社グループFitech企業/広告運用・SEOディレクター

サーチ周りのスペシャリスト。リスティング周りから、SEO周りまでの知識を有しており、ご自身でも手を動かせる方。実運用は代理店やパートナーを使っていただきます。
急成長している注目のFintech企業です。年収も現在の年収以上を確約。

・大手総合広告代理店グループ/広告運用・コンサルタント

非常に働きやすい会社に様変わりした同グループのデジタルチーム。
大規模な予算を預かり、優秀なチームメンバーと共に単なるデジタル広告の一課題ではなく、マーケティング全般の課題を解決している醍醐味を味わえます。
数年ここでスキル経験を積めば、事業会社での広告周りのデジタルマーケ担当へのステップも十分に検討ができます。

・最大手コミュニケーションツール企業/広告運用担当

国内シェアダントツのあのコミュニケーションツール企業。新規事業が数多く立ち上がり、広告事業も急伸長しています。メディア側でのディスプレイ中心の広告運用を探しています。また事業会社ならではのジョブチェンジや兼務も十分に今後は考えられるので、広告運用から新しくジョブを変えたい方は、0⇒1の事業を数多く立ち上げているデジタル系サービス企業は特におすすめです。
以上お気軽にお問い合わせください。



ウィンスリーでは、デジタルマーケティング分野に従事する方のキャリア構築支援をしております。お気軽に下記よりご相談ください